Appierの導入事例
広告主のブランド育成を支援します

格安航空会社(LCC)である香港エクスプレス航空は、Appierの導入によって、CPA目標比を89%としながら、ウェブサイトの予約数を増加させました。

国内最大のCtoCハンドメイドマーケット「minne」は、サービスの利用者拡大に向け、アプリのインストール数促進を目指しAppierを導入しました。Appier経由のコンバージョン数は、コストパーインストール(CPI)を削減しながら、3ヶ月間の施策で約4倍まで増加し、高い費用対効果を実現しました。

世界的なジュースブランドのミニッツメイドは、Appierと提携をして、複数のデバイスを横断して消費者にアプローチをすることで、リードの獲得と購入を促進しました。クロススデバイスのコンバージョン率はシングルデバイスよりも57%高くなりました。

日本全国に店舗を展開する家具・インテリア専門店である大塚家具は、複数デバイスを横断して効果的にユーザーにリーチするためにAppierを導入して、クロスデバイスのクリック率がシングルデバイスよりも55%高くなりました。

インドネシアの大手オンライン・マーケットプレイスであるトコペディアは、Appierを導入して取引数を増やしながら、前月比で売上高を179%増加させました。

世界的な高級自動車メーカーのアウディは、ユーザーの所有する複数のデバイスを横断して試乗申込みを獲得するためにAppierを導入しました。クロススクリーンユーザーのコンバージョンレートはシングルスクリーンユーザーと比較して23〜48%高くなりました。

インドの高級ホテルチェーン、タージ・ホテルズは、AppierのAI技術により、クリックあたりのコストを削減しながら、ロイヤルティプログラムの登録数が113%増加しました。

オビは、新型スマートフォンSF1の認知度を向上させるために、Appierを導入することによって、デバイスを横断して消費者にリーチしました。

AXEは、将来のキャンペーンに活用できる、クロスデバイスのユーザーセグメントを発見して拡大しながらCPAを36%削減しました。

エスティ ローダーはAppierの採用によって、美容系のユーザーへクロスデバイスでリーチして新規リードを目標比167%獲得しました。

台湾のコスメブランドNarukoは、AppierのCrossX リマーケティングとCrossX ルックアライクの導入で、サイト内のユーザーアクション数を増加させながら、CPAを9%低下させました。