Go Back
事例紹介

Clarins

AppierのCrossXおよびAiDealソリューションを利用してCPAに加え、CVRも向上させました

「一般的にAIは便利だと言われますが、場合によってはより実用的かつシナリオベースの説明や応用が求められます。Clarinsでは当初、AIは専門知識がない人には到底理解ができないものとして捉えられていました。しかし、AppierのAIソリューションにより、Clarinsは的確な顧客へ適切なインセンティブで、必要なタイミングで容易にリーチすることができました。」

Clarinsデジタルeコマース & CRMディレクター

Caroline Andreutti氏

CLARINS_Singal

Challenges

新規顧客とピンポイントな優良顧客の集客

オンラインショッピングの需要が高まるにつれて、Clarinsは興味関心を引き続けることが難しくなってきている優良顧客にリーチする難しさを感じていました。

また、Clarinsは顧客の興味関心データや行動情報、サイト来訪頻度を含む大量のデータを分析する方法と、優良顧客を特定し適切なタイミングで興味を引くメッセージを配信する方法に困っていたため、MAツールが欠けていたことでこの課題が顕著になっていました。

ブランドイメージや信念を維持しつつ既存施策からの売上を最大化すること

Clarinsは、ブランドイメージを毀損する恐れがあると考え、サイト全体での割引施策を実施せずに既存施策からの売上を最大化したいと考えていました。来訪顧客をより多く購入に繋げる戦略的なアプローチを行い、CVR改善のためにも的確な顧客に適切なインセンティブを与え、必要なタイミングでリーチすることを望んでいました。

Solutions

CrossXのAIを活用し、ターゲットとなる優良顧客を判別

Appierソリューションの導入により、Clarinsは優良顧客の判別とターゲティング、および購入検討顧客を購入顧客に転換することができました。AppierのCrossXは、既存顧客の興味関心データと行動を分析してどの顧客が優良顧客かを判別し、既存施策のターゲットを拡大しました。そして、優良顧客の判別後に広告の配信対象を購入確度の高い顧客セグメントに絞った結果、CPAを30%下げることに成功しました。

AiDealを活用し特別インセンティブを付与する購入検討顧客を精緻にターゲティング

Clarinsは、顧客の行動データを収集し各顧客の迷いレベルを算出して顧客の購入意欲を予測する目的で、AppierのAiDealを導入しました。AppierのAIによって、Clarinsは価格を理由に購入を躊躇している顧客を判別することができました。そして、AiDealは購入検討顧客に対して、割引クーポンの代わりに時間制限のついたギフトプロモーションをポップアップで表示しました。割引クーポンではなくギフトプロモーションを採用したのは、高級ブランドとしてのイメージを保つためです。ブランドとしておすすめしている商品や人気商品をインセンティブとして使った時にはカート投入金額が上がり、売上アップとCVR 44%アップにも繋がりました。特筆すべき結果として、Clarinsはダブル11(11/11、 中国の”独人の日(光棍節)”)の前に購入意欲を高めることができ、ダブル11およびクリスマスの二大大型連休期間のCVR向上、セール期間後も好調傾向維持に成功しました。

Start Growing Your Business Today with Appier