Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

Clovia

17

アプリ内購買が17%向上

22

ウェブ購買が22%向上

44

通知クリック率が44%向上

CloviaはAppierの次世代マーケティングオートメーションAIQUA(アイコア)を採用し、アプリ内の購買数を17%、ウェブ上の購買数を22%向上しました。また、日々のカート離脱対策に向けた通知の設定業務にかかっていたマーケティングの手間と経費も削減されました。

ブランドストーリー

インドで著しい成長を遂げる女性用下着・ナイトウェアのブランド、Cloviaは、豊富なランジェリーの品揃えで女性向けにワンストップ・ショッピングを展開しています。海外投資事業の一環として、Cloviaは高品質な世界中から調達した素材を使って独自のファッション・ランジェリーのコレクションを生産しています。

課題

高いカート離脱率
Cloviaは他社のECサイト同様にカート離脱に悩まされていました。
低いアプリエンゲージメント率
カート離脱にプッシュ通知を採用したものの、成果は得られませんでした。
手間数のかかるプロセス
ウェブやアプリ通知配信の全体プロセスの運用に極力人手を介さず自動化を目指しました。
高いカート離脱率
Cloviaは他社のECサイト同様にカート離脱に悩まされていました。
低いアプリエンゲージメント率
カート離脱にプッシュ通知を採用したものの、成果は得られませんでした。
手間数のかかるプロセス
ウェブやアプリ通知配信の全体プロセスの運用に極力人手を介さず自動化を目指しました。

Appierソリューション

Appierソリューション

トリガー通知の自動設定
CloviaはAIQUAを使って、カートに商品を入れて放置した顧客へのアプローチを自動で設定し、製品を魅力的に見せる画像や料金・機能の情報を盛り込んだ、より視覚的に分かりやすい製品情報をユーザー側へ提供することが可能になりました。ユーザーはカルーセルリンクから直接アプリ内のショッピングカートのページへ移動できます。
動的なパーソナライゼーション
Cloviaは、カルーセルのようなより視覚的なパーソナライゼーションをユーザー側へ配信するだけでなく、AIQUAにいくつかのルールを設けるだけで、動的なパーソナライゼーションを実現しました。
作業の自動化
Clovia社のデジタルチームは、カートから離脱するたびにユーザーに手間をかけずに設定したインタラクティブな通知を配信することだけでなく、さらに、既存顧客に対しては、AIQUAを使ってオファーやプロモーションを提供して日々の顧客エンゲージメントを実行しています。
トリガー通知の自動設定
CloviaはAIQUAを使って、カートに商品を入れて放置した顧客へのアプローチを自動で設定し、製品を魅力的に見せる画像や料金・機能の情報を盛り込んだ、より視覚的に分かりやすい製品情報をユーザー側へ提供することが可能になりました。ユーザーはカルーセルリンクから直接アプリ内のショッピングカートのページへ移動できます。
動的なパーソナライゼーション
Cloviaは、カルーセルのようなより視覚的なパーソナライゼーションをユーザー側へ配信するだけでなく、AIQUAにいくつかのルールを設けるだけで、動的なパーソナライゼーションを実現しました。
作業の自動化
Clovia社のデジタルチームは、カートから離脱するたびにユーザーに手間をかけずに設定したインタラクティブな通知を配信することだけでなく、さらに、既存顧客に対しては、AIQUAを使ってオファーやプロモーションを提供して日々の顧客エンゲージメントを実行しています。

クライアントの声

「動的にパーソナライゼーションされたコンテンツを入れたブラウザでの通知はとても効果的です。システム全体が自動的に当社の設置したゴールに向かって最適化される仕様を気に入っています。カート落ちのユーザーに向けのパーソナライズされたキャンペーンはコンバージョンを大幅に改善できました」
Cloviaデジタルマーケティング部長 Rajeshwar Rao 氏
Testimonial

デモをリクエスト

ビジネスを変革し、マーケティングを効率化する
AppierのAI搭載ソリューションのデモをご覧ください。

あなたへのお勧め 

HaWoooは、Appierの人工知能(AI)を導入し、台湾ブランドを東南アジア市場に事業展開させました。HaWoooは、MAサービスで中小企業のGTM戦略を実現し、ブランドに対する顧客・消費者のLTVを高めました。

ezTravelはAIQUAを利用して、特定のオーディエンスセグメントを作成し、新規会員へのクーポン配布やカート放棄者へのリマインダーといったパーソナライズされたコンテンツを配信しました。

オビは、新型スマートフォンSF1の認知度を向上させるために、Appierを導入することによって、デバイスを横断して消費者にリーチしました。