Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

カルフール

カルフール

25

オンライン売上が25%増加

87

クロスデバイスのCTRを87%改善

40

キャンペーンCVRを40%改善

Carrefour(カルフール)はAppierの CrossXアドソリューションを導入し、オンラインストアのページビュー数を前月比で60%増加させ、サイトの認知度アップに成功しました。

ブランドストーリー

フランスに本社を構える世界有数のスーパーマーケットであるカルフールは、台湾でも103のチェーンを展開しています。好調なEコマースの流れに乗るべく、カルフールが台湾でオンラインショップを開設したのは2015年12月のことでした。数年がたってオンライン市場は活況を極め、カルフールのようなビッグブランドにあってもなかなか認知を上げることは難しくなっていました。

目標

カルフールは多くの商品をアウトレット店舗やオンラインで同時に展開していますが、より多くの潜在的消費者にアプローチするにはオンラインがカギであると考えていました。より多くのオンライン購入を促し、認知を最大化する一方で、コスト削減も達成する方法を模索していました。

Appierソリューション

Appierソリューション

シングルカスタマービューの確立
カルフールは、AppierのCrossX AI技術を活用することで、数十億というデータから同じユーザーが所有するデバイスを識別し、高度なターゲティングを実施しました。
クロスデバイスキャンペーン
AppierのAIは、潜在的なバイヤーがデバイスのひとつ(例えばPC)から、カルフールのオンラインストアを訪問すると、ユーザーのプロフィールを分析し、そのユーザーの他のデバイス(例えばモバイル)に最もよくフィットした商品のリコメンデーションによって、カルフールオンラインストアでの購入を促します。
有効な顧客セグメントの作成
カルフールはCrossX AIを活用し、ウェブサイト内外のすべてのユーザーの行動を分析してユーザーを分類します。さらにAppier CrossXデータベースと比較によって類似した グループを発見し、ユーザーベースを拡張します。
シングルカスタマービューの確立
カルフールは、AppierのCrossX AI技術を活用することで、数十億というデータから同じユーザーが所有するデバイスを識別し、高度なターゲティングを実施しました。
クロスデバイスキャンペーン
AppierのAIは、潜在的なバイヤーがデバイスのひとつ(例えばPC)から、カルフールのオンラインストアを訪問すると、ユーザーのプロフィールを分析し、そのユーザーの他のデバイス(例えばモバイル)に最もよくフィットした商品のリコメンデーションによって、カルフールオンラインストアでの購入を促します。
有効な顧客セグメントの作成
カルフールはCrossX AIを活用し、ウェブサイト内外のすべてのユーザーの行動を分析してユーザーを分類します。さらにAppier CrossXデータベースと比較によって類似した グループを発見し、ユーザーベースを拡張します。

デモをリクエスト

ビジネスを変革し、マーケティングを効率化する
AppierのAI搭載ソリューションのデモをご覧ください。

あなたへのお勧め 

台湾のコスメブランドNarukoは、AppierのCrossX リマーケティングとCrossX ルックアライクの導入で、サイト内のユーザーアクション数を増加させながら、CPAを9%低下させました。

オビは、新型スマートフォンSF1の認知度を向上させるために、Appierを導入することによって、デバイスを横断して消費者にリーチしました。

アジア全域でˋ480万人のユーザーを持つマッチングアプリのパクトルは、AppierのAIベースのアプローチを通じて売上を26%向上させました。