カルフール

導入事例

世界有数のハイパーマーケットチェーン

カルフール台湾は、実店舗からEコマースまでの、AppierのAI技術を使用したデバイスを横断したアプローチを通じて、オンラインストアの購入を増加させました。

結果

AI技術でパフォーマンスが向上

オンラインストアのページビューが前月比60%増加、オンラインストアの認知度を高めた

オンラインストアの購入数と売上げが前月比25%増加した

Appier CrossX AIを利用したキャンペーンでは、クロスデバイスのCTRはシングルデバイスより87%高く、クロスデバイスキャンペーンのCVRはシングルデバイスキャンペーンよりも40%高かった

ストーリー

ヨーロッパでトップの小売りチェーン

フランスの多国籍小売企業であるカルフールは、台湾で103のチェーンを展開をする世界最大のハイパーマーケットのひとつです。カルフールのオンラインショップは、2015年12月にスタートし、好調なEコマースの傾向に追いつきたいと考えていました。

目標

クロスデバイスアプローチによるオンラインセールスの拡大と認知の向上

カンター・ワールドパネルの調査によると、2017年第1四半期のオンライン小売市場の売上高成長率は30%でした。これは、オフライン小売市場の5%の成長をはるかに上回ります。競争はより一層厳しくなり、限られた予算のもとで結果を最適化するには、スマートで柔軟な戦略が必要です。

カルフールは支店をオンラインで展開しており、オンラインストアを通じてより多くの潜在的消費者にアプローチしたいと考えていました。マーケティングチームは、より多くのオンライン購入を促しながら認知を最大化したいと考えました。

ソリューション

AIを搭載したプログラマティックプラットフォームでデバイスを横断したアプローチ

AppierのAI技術は、数十億というデータから同じユーザーが所有するデバイスを識別することができます。

潜在的なバイヤーがデバイスのひとつ(例えばPC)から、カルフールのオンラインストアを訪問すると、ユーザーのプロフィールを分析し、そのユーザーの他のデバイス(例えばモバイル)に最もよくフィットした商品のリコメンデーションによって、カルフールオンラインストアで購入を促します。

AIはウェブサイト内外のすべてのユーザーの行動を分析し、異なるユーザーを分類します。さらにAppier CrossXデータベースと比較して、類似したグループを発見して、ユーザーベースを拡張します。

オーディエンスインサイト

35歳から44歳は、アクションを取る可能性が最も高い。男性は女性よりもアクションを起こす可能性が高い。

フード&ビバレッジ/ニュース/ショッピング関連のウェブサイトからカルフールオンラインストアを訪れたユーザーは、クリックまたは購入する可能性が高い。

クロスデバイスインサイト

クロスデバイスユーザーのCTRはシングルデバイスユーザーより87%高く、CVRは40%高い。

開始とコンバージョンが同じデバイスの場合、クロスデバイスユーザーがシングルデバイスユーザーよりもCVRが11倍高い。

フォレスター調査のダウンロード