Go Back

【マーケティング用語集】セグメンテーション

誰に対しても確実に有効な、唯一絶対のマーケティング施策は残念ながら存在しません。それが、オーディエンスを特定のグループに分割して正確なターゲティングを行う、セグメンテーションが必要とされる理由です。

  セグメンテーションとは 

セグメンテーションとは、顧客を異なるグループに分ける方法です。それに引き続いて各ターゲットセグメントにアピールするために、マーケティングキャンペーンをカスタマイズします。 顧客セグメンテーションは、以下のような様々な切り口で実施できます:

行動(行動セグメンテーションとも呼ばれます)

デモグラフィック情報(年齢、所得レベルなど)

サイコグラフィック情報(社会的な階層、ライフスタイル、パーソナリティなど)

地域(ロケーション)  

上記の要因に基づいて顧客を様々なグループに分類することで、企業は各オーディエンスセグメントを個別に見て、そのニーズや要望を特定することができます。マーケターは、この情報を使用してこれらのオーディエンスに直接アピールするマーケティングキャンペーンを設計したり広告を作成することができます。

  セグメンテーションの具体例

スポーツジムは、非常に多くの人に利用されています。これは明らかな事実であるにもかかわらず、スポーツジムユーザーの典型例を1つに定義することはできません。ジムはフィットネス狂信者を引き付けますが、これもまた、時間がない中で理想の体作りのためにHIIT(高強度インターバルトレーニング)を好む若者層から、トレッドミルマニア、筋肉の増量のためにウェイトだけをする層、などに細分化されます。

これに加え、友達との付き合いのためにフィットネスクラスに参加する層、目新しさを求めて、身体機能を維持したい高齢者、または病気や怪我のリハビリ目的など、カジュアルなジムのユーザー層もいます。

こうしてみると、1つのマーケティングキャンペーンだけで、様々なニーズと目標を持つすべての多様なユーザーにアピールできる訳がないということは明らかです。スポーツジムがROIを最大化するには、複数のニーズに見合ったキャンペーンを複数作成するためのセグメンテーション戦略を検討すべきでしょう。

  セグメンテーション戦略の選択

マーケティングセグメンテーション戦略を考案する際には、ゴール応じて顧客をセグメント化するために、上記で特定した1つ、あるいはそれ以上の要因(行動、デモグラフィック情報、サイコグラフィック情報、地域)を選択します。

ターゲットの精度を最大化するには、顧客の興味関心と意図をリアルタイムで把握する必要があります。そのためには、顧客のオンライン行動の変化を、ジャーニーの最初から最後まで理解する必要があります。機械学習を活用したデータサイエンスプラットフォームを利用してその行動に関するデータを分析し、効果的なセグメンテーションのためにそれらのインサイトを活用できます。

信頼性を高めるためには、結果は以下である必要があります:

  1. 測定可能:製品またはサービスに関連するセグメンテーション変数を特定することで、理にかなったセグメントプロファイルを作成できます。
  2. アクセス可能:ターゲットセグメントに効率的かつコストをかけずにリーチできます。
  3. 実質的:セグメントは、自社に投資している必要があります。
  4. アクション可能:セグメントに積極的に投資させるものである必要があります。

  マーケティングセグメンテーションは正しく行うと、キャンペーンのパフォーマンスを向上し、ビジネスの方向性をクリアにするだけでなく、新しくビジネスを拡張できるエリアを発見し、コンバージョンを促進します。

  機械学習について詳しく知りたい方は こちら からお問合せください。