Appier、AI開発の強化に向け、チーフAIサイエンティストが就任 ー最先端のAI開発者 ミン・スン(Min Sun)が参画

2018年7月6日

企業向けAIソリューションに必要な、拡張性の高いAIシステムの開発に注力

AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、以下Appier、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー)は、チーフAIサイエンティストとして、ミン・スンが就任すると発表しました。スンは、チーフデータサイエンティストのシュアン・ティエン・リンと協力し、Appierの企業向けAIソリューションに必要な、拡張性の高いAIシステムの開発に注力します。

Appier 入社以前は台湾の国立清華大學にて電子工学部の准教授を務めました。彼はアジアのAIコミュニティにおいて知名度の高い科学者であり、アンドリュー・エン氏、フェイフェイ・リー氏、シルビオ・サバリーズ氏を含む世界で最も影響力のあるAI研究者が推進するプロジェクトに携わりました。フェイフェイ・リー氏による革新的な画像データベースであるImageNetプロジェクト(2009)において、彼はクラウドソーシングによるアプローチを実施し、プロジェクトに貢献しました。さらにロボット・オペレーティング・システム(ROS)やマイクロソフトKinectの人間姿勢推定システムの研究の初期段階に携わりました。

また、スンは2017年の夏にAppierが実施した、クリエイテイブAIに関する研究プロジェクトの責任者を務めました。このときに作成した研究論文は、権威あるAAAI2018に採択されました。過去3年間に主要な人工知能学会において22本の研究論文を発表しました。2つの米国の商標*を保有しています。

* “Arrangement and method for three-dimensional depth image construction. AY Ng, A Saxena, SH Chung, M Sun. US Patent 8,472,699” this one with Andrew Ng

“Using high-level attributes to guide image processing. P Kohli, JDJ Shotton, M Sun. US Patent 8,879,831” with one with Microsoft Research

スンは、「Appierにおける私の使命は、大規模なAIシステムを構築するチームをリードし、企業向けのAIソリューションを開発すること。そして、新しい分野でのAI活用の可能性を広げることです」と述べています。

AppierのCEO兼創業者であるチハン・ユーは「才能あふれる科学者として評価の高いスンがAppierのメンバーとして我々のビジネスを牽引してくれることになりました。彼はAppierの様々な製品開発を支援するとともに台湾を含むアジア地域のAIコミュニティに参加しているAIの人材開発にも尽力します」と述べました。

専門分野は、コンピュータビジョン、自然言語処理、深層学習、強化学習です。2015年から2017年にはCVGIP (Computer Vision Graphics and Image Processing) Best Paper Awardsを3年連続で受賞しました。台湾のFoundation for the Advancement of Outstanding Scholarship(傑出人材発展基金会)が主催する6度目のCreative Young Scholar Awardに選ばれました。

2016年には、スンはミシガン大学から電子工学システム分野の博士号を、スタンフォード大学から電子工学の修士号を取得しています。

Appier について

Appier は、AI(人工知能)テクノロジー企業として、企業や組織の事業課題を解決するためのAI プラットフォームを提供しています。詳細はhttps://www.appier.com/jp/をご覧ください。

フォレスター調査レポート「アジア太平洋地域でのデジタル変革の促進における人工知能の重要性」ダウンロード

ダウンロードには以下のフォームを記入してください