Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

顧客ロイヤリティを
長期で高める方法

競争が激化する旅行業界にユーザーが期待するのは、シームレスなワンストップエクスペリエンスです。人工知能(AI)を活用して、パーソナライズされた製品の推奨事項を作成し、その顧客とのエンゲージメントを構築し、ライフタイムバリュー(LTV)を高める4つの方法をご紹介します。
 

1. 適切な視聴者を引き付ける

 

消費者調査やパネルデータに頼る代わりに、AIを活用したデータサイエンスを使用します。

  • 内部データと外部データを組み合わせて分析し、完全な顧客プロファイルを作成
  • 顧客の行動と関心に基づいてオーディエンスをセグメント化
  • キャンペーン実行時に、ターゲットを設定できるように、将来の行動を予測

 

2. パーソナライズされたマーケティングで見込み客を増加させる

 

AI主導のマーケティング自動化プラットフォームを使用して、初めての訪問者向けにコンテンツをより正確に調整します。

  • 新規ユーザーがサイトに初めてアクセスする前に、外部サイトでの関心を発見
  • 休日や体験に関するパーソナライズされた推奨事項を提供して、Webおよびアプリのコンテンツを調整できるようにします。
  • 例えば藤井さんは、「バンコクで格安の休日」を検索後、タイの都市、ソンクラーンも検索しました。この情報を使用して、自社サイトへの最初の訪問でバンコクの休日のオファーとアクティブなツアーを含めるルールを設定します。
  •  

    3.検討段階から購入に到るまでを後押し

     

    旅行客は、複数のデバイスで複雑なユーザー行動をとります。 AIを使用して、各デバイスを使用する方法とタイミングをよりよく理解します。

    • 個々のユーザーのクロスデバイス上の動作を分析
    • 適切なメッセージとオファーを適切なタイミングで適切なデバイスに送信できるように、単一の顧客ビューを提供
    • 例えば佐藤さんは、携帯電話で「バリ島の短い休憩」を検索し、その日の夜には自分のPCでのみシンガポールのベストホテルに関する記事を読みました。この情報を使用して、翌朝、シンガポールでの短い休憩のオファーを彼の携帯電話とPCの両方に送信します。
    •  

      4.リマーケティングでロイヤリティと定着を促進

       

      AIを活用したリマーケティングは、既存顧客をより効果的かつ費用効率の高い方法でさらに引き付けることができます。

      • データに基づいた優良見込み顧客のセグメントを識別
      • 将来の行動の予測に基づいてランク付け
      • <例>

        • Aさんは過去3日間に1回、サイトのツアーパッケージをクリック
        • Bさんは過去10日間に予約
        • Cさんは先週自社サイトを2回訪問
        • カスタマージャーニー全体を通して、AIによって高度なパーソナライズされたマーケティングが可能になれば、より的確にユーザーをターゲティングできます。また、広告頻度が上がることでユーザーの利用金額を誘導し、広告費用を削減して、LTVとROIを高めることができます。

          AIを活用した「AIQUA(アイコア)」なら、プロアクティブな顧客エンゲージメントを高めることができます。

お困りですか?

御社のマーケティング施策を改善できるAI搭載のツールがあります

こちらもぜひご覧ください

「負けなし」のマーケティング戦略はフルファネルで構築!

競争の激しい今日の市場でコンバージョンを獲得し続けることは難しいです。最新の統計によると、2020年3月の世界中 のオンラインショッピング注文の88.05% は、購入にまで至らなかったそうです。その理由の1つは、多くのマーケターが依然として販売重視のマーケティング戦略に傾倒し、購入させるところに力を入れているからです。 成果を上げている企業は、フルファネルマーケティング戦略を実施しています。ここで

ウェブサイトパーソナライゼーションに関する5つの誤解

初めて訪れるウェブサイトで探しているものがすぐに見つからず、操作に戸惑う消費者は少なくありませんでした。ウェブサイトパーソナライゼーション技術によってこうした課題は少しづつ解決されています。この技術を活用すれば、顧客のニーズや興味関心に基づいてサイト上のコンテンツやユーザー体験をカスタマイズすることができます。 セグメント社発行の「2017パーソナライゼーションレポート (英語資料)」によると、パ

「投資対効果(ROI)を高めるAI」

チーフAIサイエンティストであるミン・スンは、「企業の投資対効果(ROI)を高める人工知能(AI)」について、以下の通り発表しました。   1. マシンラーニングを活用すれば工場の業務停止を回避できる   AIは、人間のように音声、画像、文章(テキスト)の認識が可能なだけではなく、人間にはできない膨大な量のデータを分析して、価値のある結論を導き出すことができます。これまでのAI