Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

自社チャネルをEコマースで活用する5つのヒント

皆さんは、自社で保有するチャンネルを有効活用できているでしょうか。 Eコマースで重要なのは、自社チャネルや有料な広告プラットフォームをデジタルマーケティングの武器としてうまく活用することです。NetflixのAPACマーケティングディレクターは、最近のインタビューで次のように述べています。「チャネルを適切に融合させると、優れた作品を市場で適切な瞬間に発信し、顧客の興奮と消費者行動を促すことができます」(英語資料

 

1. 自社チャネルが有効な理由

 

自社が保有するチャネルは、コンテンツの掲載のタイミングや頻度を完全に制御できる有力なマーケティングツールです。自社チャンネルには、企業のウェブサイト、ブログ、アプリ、ソーシャルメディア、Eメール、SMSなどが含まれます。

これらのチャネルを駆使し、企業のイメージを一貫してコントロールできれば、消費者の生活の一部へと入り込むことができます。例えば、消費者からの共感が得られるブログを定期的にアップすることができれば、消費者はその企業のブログを定期的に覗くようとなり、そのブログコンテンツに興味を持ち続けてくれる限り、企業に対する親しみ感を持続してくれます。また、消費者が自社のブランドとのエンゲージメントをもっている限り、商品購入へとつながる機会が生まれるものです。

ソーシャルメディアも有効活用できます。ロングテールキーワードを工夫することで、ターゲットをかなり高度に絞ることができ、このような戦略の下で投稿されたコンテンツは、企業へのリーチを迅速に拡大し、他では見られないカテゴリーの消費者からのコンタクトも期待できます。

マーケターはブログやソーシャルメディアのコンテンツを定期的に更新する必要があります。そうすることで顧客も定期的に見にきてくれるのです。

自社チャンネルは非常に費用対効果が高く、ブログ、ソーシャルメディア、電子メールによるマーケティングは、トラフィックを組織的に取り込むため、ほぼ無料で実行できます。必要な費用は、コンテンツを作成するための人材と、ウェブ管理費だけです。

 

2. 自社チャネルの活用で、最高の投資収益率(ROI)を確保する

 

2-1. ウェブサイト/アプリコンテンツをより精度高くパーソナライズする

顧客の興味は多様であり、ウェブサイトやアプリへ期待するものは単一ではありません。どのような顧客へもわかりやすいウェブサイトやアプリである必要があります。特にホームページは重要で、訪問者が知りたいことがすぐに判るようなものになっていることが必要です。

また、データと高度な人工知能(AI)ツールを活用して、自社のデータとサードパーティのデータを組み合わせ、広範囲にわたる顧客のウェブでの行動を分析することで顧客の全体像を把握できます。例えば、田中さんが歴史好きであると分析できれば、旅行ウェブサイトで歴史的なお寺や博物館を提案できます。

パーソナライズされたアプローチにより、エンゲージメント率が高まり、ブランドロイヤルティ、ROIが向上します。

2-2. EDMの活用によるコンバージョンの高速化を実現

電子メールは、依然として最も効果的なマーケティングチャネルの1つです。 McKinsey&Companyの調査によると、メールマーケティングはソーシャルメディアの最大40倍の効果があるだけでなく、コンバージョンを3倍も高速化します(英語資料)。

メール購読者に簡単なアンケートを依頼して、それに基づいたコンテンツを送信することができます。併せてより正確なセグメンテーションと高度にパーソナライズされた電子メールコンテンツを確保するために、機械学習を使用して過去の購入、興味、閲覧行動を分析し、そのなかからインサイトを生成して、電子メールコンテンツを顧客に合わせて調整することもできます。

さらに、EDMへの反応を機械学習によって分析することにより、どのようなクリエイティブが顧客の好みにアピールし、望ましいアクションを引き起こすかを予測するのに役立ちます。

2-3. プッシュ通知によるリエンゲージメントの促進

プッシュ通知により、アプリのエンゲージメントが最大20%向上し、アプリからより多くの利益を得ることができます(英語資料)。 ただし、カスタマイズされていないプッシュ通知は役には立たず、むしろ迷惑なプッシュ通知は、顧客を企業からから引き離します。

そのためプッシュ通知が適切でタイムリーであることを確認しなくてはいけません。 機械学習を使用して、自社アプリ内および外部サイトでのユーザーの過去の行動、購入パターン、現在の関心を分析します。AIの学習結果から 生成された洞察を活用して、パーソナライズされた製品の推奨事項を作成します。

また、カルーセルや動画などのさまざまなクリエイティブを活用して、コンテンツをより魅力的にし、ユーザーエンゲージメントを高めることができます。

同様に重要なのは、通知を送信する最適なタイミングを選択することです。ユーザーの行動とこれまでに実施したプッシュ通知への反応を分析することにより、機械学習は、顧客が反応する可能性が高い最適な時間を提案するため、そのタイミングで最も関連性の高い情報を提供することが有効です。

2-4. 植物を育てるようにブログのコンテンツを充実させる

ブログを定期的に更新する際には、掲載するブログ内容に企業の考え方を反映する一方で、顧客に関連したテーマを選定する必要があります。たとえば、スイミングアパレルブランドであるSpeedoのブログでは、商品の情報だけでなく、ストロークテクニック、トレーニングの方法、水泳後の食事のヒントを取り上げることで顧客の関心を得て、最大限の利益を導いています(英語資料)。

2-5. ソーシャルメディアで多くの視聴者にリーチ

企業はソーシャルメディアを通じて消費者と直接つながることができ、企業に関する彼らのフィードバックを迅速に受け取ることができるため、製品やサービスの改善に取り組むことが可能です。ソーシャルメディアを通じて多くの消費者とコンテンツを簡単に共有できるのも魅力です。

ソーシャルメディアを効果的に使用するには、顧客の嗜好や関心を反映したものであり、この施策を適切に測定するための明確な方法を決めておくことが重要です。しかしながら注意すべきこともあります。頻繁に共有されるコンテンツは高い露出が期待できるため、自社にとって有効な情報を見極める必要があります。

ROIを高めるには、有料の広告プラットフォームへの支出を始める前に、自社チャンネルが最大の価値を生み出しているか確認すると良いでしょう。

人工知能を使用して顧客エンゲージメントを促進し、ウェブサイト、プッシュ通知、EDMなどの自社チャネルを通じてROIを向上させる方法は、最新のホワイトペーパー「進化するアジアの消費者の先を行く、EC業界の顧客エンゲージメントをAIで盤石に」をダウンロードしてご覧ください!

お困りですか?

御社のマーケティング施策を改善できるAI搭載のツールがあります

こちらもぜひご覧ください

コンピュータビジョンや機械学習は黄金期

AI(人工知能)テクノロジー企業の Appier(エイピア、共同創業者/CEO:チハン・ユー、以下 Appier)は、Appier チーフ AI サイエンティストのミン・スンは、カナダロイヤル銀行 (RBC) ボリアリス AI ラボのリサーチディレクターでありサイモンフレージャー大学 コンピュータサイエンス学部の教授であるグレッグ・モリ氏による、コンピュータビジョンを活用した行動予測の応用ならびに

AIによるデータ活用で、デジタル出版業界が新たな収益確保を実現

出版業界は厳しい時代を迎えており、アジア太平洋地域での広告の内訳は、オンライン検索と有料ソーシャルメディアプラットフォームの利用が大半を占める中(1ドルの支出に対して92セントを占めています)、出版社はサブスクリプションの促進に力を入れています(英語資料)。 デジタル出版において、消費者のウェブサイト上での有効な外部データを活用して、全体的な行動傾向を把握することができれば、消費者の興味や行動をき

新型コロナ禍でも安全な広告戦略を可能にする自然言語処理技術

世界的な新型コロナウイルス感染は、プログラマティック広告業界に大きな影響を与えています。ブランドセーフティへの懸念から、この感染症に関連するキーワードがブラックリスト化されています。これにより広告出稿するが激減し、パブリッシャーは収益が低下するどころか損失が生じています。 この憂慮すべき傾向に対応して、パブリッシャーやメディアの専門家は、企業に新型コロナウイルスに関連したキーワードのブロックを止め