Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

オンラインサイトへの集客だけでなく、 実店舗への来客数を増加させるメールキャンペーン

世界のEコマースの売上は2019年に20.7%増加しておおよそ3.5兆米ドルでしたが(英語資料)、それでも世界の小売売上高全体の15%にも達していません(英語資料)。 ここから大半の消費者は、まだ店舗での買い物を望んでいることがわかります。 最近では、オンライン販売を促進するためのデジタルツールが多数存在します。これらのツールは、ウェブサイトに買い物客を導き、実店舗の来客数も増やすことができます。

メールマーケティングキャンペーンにはこうしたツールを利用することが有効です。 eMarketerによると、小売業者の80%が、メールマーケティングが顧客獲得と顧客維持を促進します(英語資料)。 デロイトによると、アジア太平洋地域では、Eメールマーケティングによる売上は会社のウェブサイトを通じて販売した売上とほぼ同じです(それぞれ14.8%と比較して14.4%)。

では、メールマーケティングキャンペーンを最大限活用して、実店舗に買い物客を呼び込むにはどうすればよいでしょうか。
 

オンラインだけでなく、実店舗での売上にもマーケティング効果をもたらすメールキャンペーン
 
消費者にとって、デジタルデバイスは使い慣れたものになりました。そのためメールマーケティングキャンペーンは、オンライン割引やバウチャーの使用、リマーケティング広告、リマインダー、新製品の発売など、オンライン販売を促進するために頻繁に使用されます。しかしオンラインのみならず、店舗への集客のためのマーケティングツールとしても可能性を秘めています。

店舗で使用できるバウチャーを提供するメールキャンペーン、または店舗でのクローズドイベントへの招待状を提供することにより、買い物客を実店舗に誘導し、よりパーソナライズされた買い物体験を提供できます。たとえば、いつも接客してくれる特定のスタッフとのコミュニケーションであったり、店舗内に陳列されている、購入したいと思うような商品を目にしたり、店内のカフェや飲食店などの施設を楽しんだりすることです。

このような店舗での顧客体験は、顧客維持率と投資収益率(ROI)を高め、収益に大きな違いをもたらします。PwCによると、顧客満足度の高い顧客体験を提供できる企業は、そうでない企業と比較して、最大16%のプレミアムバリューをサービスや商品に与え、商品価値を高めます(英語資料)。実店舗では、オンラインでは提供できないプレミアムバリューを買い物客に提供することができるのです。

それでは、店舗集客数を増やすためのメールキャンペーンはどうすればいいのでしょうか?
 
オンラインでの集客と同様に、ハイパーソナライズメッセージでマーケティング
 
店舗もオンラインも潜在顧客へのアプローチ方法には違いはありません。人工知能(AI)を活用して、すべてのチャネルでデータを処理および統合します。 これらはEDM、コンテンツ管理システム、ウェブサイト、アプリなど、自社が所有しているものだけでなく、サードパーティのウェブサイトなどの外部データを用いることができます。

AIXON(アイソン)などのAIを搭載したデータサイエンスプラットフォームを使えば、買い物客の習慣や好みを含む全体的な3次元ビューを作成し、将来の行動を予測できます。メールキャンペーンの実施に際しては ピンポイントで正確にターゲットを絞ることができるため的確なマーケティングメッセージを配信できます。

こうすることで、従来のターゲティングよりもきめ細かいアプローチができます。 従来のアプローチでは、買い物客の人口統計と地理的位置のみを考慮し、これらの基本的な指標に基づいた大雑把なセグメントになってしまいます。 AIを活用したデータサイエンスは、買い物客の自社アプリなどの内部データ、および外部での行動と関心を分析してセグメントを作成することで、従来の勘や経験による推定ではなく、買い物客をAIによって分析をすることで、彼らが実際に興味をもつものにアピールできます。

顧客の行動や嗜好などのデータをディープラーニングを用いて分析することで、精度の高い顧客像を構築します。このデータを使ってさらに特定の買い物客が来店するトリガーとなるアイテムを分析予測するとともにこの顧客が来店しやすい近くの店舗を正確に予測します。 結果として、きめ細かくパーソナライズされたマーケティングメッセージの作成が可能となり、ウィンドウショッパーを優良顧客へと導きます。

AIを活用したデータサイエンスプラットフォームは、マーケティング担当者にとって画期的な施策を実現するソリューションになります。 その可能性を活用することで、店舗とオンラインの両方でトラフィックを増やし、ROIを最大化するだけでなく、店舗での顧客体験をより良いものにするメールマーケティングキャンペーンを作成できます。

AIを活用したデータサイエンスプラットフォームAIXON(アイソン)がどのようにあなたのビジネスに役立つかをご案内します。こちらからご連絡ください!

お困りですか?

御社のマーケティング施策を改善できるAI搭載のツールがあります

こちらもぜひご覧ください

ユーザーの再訪問を強化する「リマーケテイング」には人工知能(AI)が有効です

突然ですが、世界中のEコマースサイトの平均コンバージョン率は約2.6%であることをご存じですか? この数字を大きいとみるか小さいと見るかは、皆さんの属する業界等によって違うかもしれません。Eコマースに限れば、これは、オンライン販売に大きな成長の余地があることを物語っています。この成長の余地を縮めるために一般的に行われている方法の一つが、リマーケティングです。 例えば、消費者Aが貴社のウェブサイトを

商品販売キャンペーンの成功を導くAI主導のオーディエンスセグメント作成

商品発売キャンペーンとは、顧客が共感できるメッセージを作成し、商品購入を促進させることが最終的な目標です。 これを成功させるには、的確なオーディエンスを見定め、顧客の興味関心を理解をする必要があります。 人工知能(AI)を活用すれば、これら情報の詳細を分析し効果的なオーディエンスを作成できるので、潜在顧客にターゲティングすることができます。 現代のデジタル時代の顧客は、多くの広告やキャンペーンのメ

オンラインでのカスタマーエンゲージメントを変革する4つのテクノロジー

ソーシャルメディアでのブランド情報の入手やカスタマーサービスの利用、購買活動が急速に一般化している。それにともなって企業は、パーソナライズされたメッセージで、消費者へのリーチと彼らとのやりとりの手法を常に変えていく必要がある。 ソーシャルメディアマーケティングのレベルを上げるために、次の4つのテクノロジーを活用しよう。 チャットボット:オンラインメッセージの送受信数管理、カスタマーサービスの迅速化