Go Back

人工知能は未来のクリエイティビティを握る鍵

もし人工知能 (AI)が人だったら? (ソウドウ・リン博士、ミン・スン博士 共同執筆)

今の時代で最も多彩で有能だと言われるだろう。 AIの創造物は、文学やビジュアルアート、ファッションや料理のスタイルに至るまで、幅広く見ることができる。AIが人の仕事を奪ったり、アーティストはAIにとって代わられるなどと言うメディアの皆さんもいるが、実はAIこそ、ツールとしてクリエイターに仕える物なのだ。

2022年も始まり、AIがクリエイティブ・アートにもたらす価値について、再考する必要がある。人間社会がアートをどう創り、アートの何が進化してきたかを考えなければならない。ARやVR、NFTsといったアートのカタチも既存の芸術に包括されている今、AIをどのように使うことで、クリエイティブの過程が変換されているのか、アート・クリエイションに置いて、AIは人間の経験をより大局的に捉えていることなど、理解する必要がある。

AIは共同クリエイター 当初、AIアプリは言語や文字の分野で使われていた。皆さんもヘッドラインニュースで「ロボットが全ての記事を書いた」 headlines お読みになっただろうか。Open AIのGPT-3のような文章生成の言語モデルを用い、ジャーナリストや小説家がマウスを数回クリックして入力される数行の文章で、多量の書き物を生成することができたのだ。2017年3月、ライターのRoss Goodwinさんは、カメラとマイクロフォン、そしてラップトップにGPSユニットを取り付け、ロードトリップに出かけた。AIに「次世代のアメリカンロードトリップ小説」を書かせるために、たくさんのインプットが必要だった。 これは、旅の途中で見える景色や音を取り込み、AIの神経回路網にそれらをインプットして、小説としてアウトプットするために考えたアイディアだった。この小説は1年後に、AIが初めて書いた小説として first novel written by AI 出版された。Goodwinさんは小説の第一章「ロード」は、人が書いた小説には遠く及ばないと語っているが、AIがアーティストといかに共作するかの前例はなかったので、非常に良いサンプルとなった。

音楽の世界ではどうだろうか。AIは、ジミ・ヘンドリックスやジム・モリソン、エイミー・ワイトハウスなど、失われたアーティストから新曲 ”new” songsを生み出している。 GoogleのAIソフトMagentaを使い、それぞれのアーティストの過去30曲を、Lost Tapesに反映させ、彼らの作詞のスタイルや作曲時に用いられる典型的なパターンなどを取り込んだ結果、これらのアーティストを彷彿させるような個性を持った新曲が作られた。新曲は他のアーティストたちが演奏し、私たちに届けてくれた。

AIはビジネスパートナー AIがどうであれ、AIはクリエイティブの制作過程で、人間の共同クリエイターが見過ごしてしまいがちなパターンやトレンドを発見するよりも、さらに膨大な量の情報を処理することで貢献している。これはインサイトを抽出し分析する能力に長けているということで、AIがビジネスパートナー、特に、アートの世界で優秀だということを意味している。 アート作品を創り出す過程で、それが大衆の心に響くかを考える時、トレンドが何かを理解し、さらに予見することは必要不可欠だ。AIにはそれができる。今後もAIにはこの分野で活躍することを期待している。

2017年、AppierのR&Dチームは Association for the Advancement of Artificial Intelligenceで以下の記事 articleを発表した。AIが、人が好むファッションデザインを提案できるということだ。この記事が公表されてから、ファッション業界で現実に応用されている他のAIも実装し始めた。2019年には、マサチューセッツ工科大学の学生、Pinar YanardagさんとEmily SalvadorさんがGlitchという機械学習ソフトを開発した。Glitchは黒い細身のドレスをデザイン designedした。AIソフトは単に過去のデザイントレンドに頼らないが、過去の膨大な情報を用い、新しいユニークなデザインに仕上げた。 近年のファッションブランドカンパニーは、AIの予測機能を使いスタイルのトレンドを予想 forecast style trends して、次のシーズに向けたデザインに取り込んでいる。ここで有利なことは、AIを使うことで彼らのデザインした商品がヒットすることは、ほぼ確実だ。なぜなら、人気商品が何かを抑えた上で、作られた商品なのだから。

料理の世界はどうか。シェフは、彼らが今まで想像もしなかったレシピや食べ合わせを、AIが弾き出してくれることに期待が持てるだろう。IBMの Chef Watson やSonyのAIガストロノミー企画のようなプロジェクトが、ゴールと言える。人間のシェフは彼らの勘で、AIシェフはハードデータと分析により、新メニューの美味しい料理を作る。AIのインサイトがいかにパワフルかというと、何年も蓄積された膨大な量のデータが、レシピのお薦めの下地になっているからだ。経験豊富なアーティストの、個人的な経験やクリエイティビティに加え、私たちは今まさに、素晴らしいイノベーションを手に入れたのでは無いだろうか。

創造的制作の上で、もう一つのAIの強みとしては、人ぞれぞれに合わせた制作が可能だということだ。例えば、オンライン広告 creating an online adについて見てみよう。広告作成時は、どんな色が背景でどんなフォントを使うのか、イメージはどうするか?など豊富な選択肢がある。AIはこれらの意思決定を助けることができる。なぜなら、世間の心に響くコンテンツのタイプやスタイルを知り尽くしているからだ。私たちバージョンの広告ではなく、マーケターはさまざまな角度から考えたバージョンを作ることができる。AIを使うことでトライ&エラーを通し、何がだれに刺さるのか、それは何故なのかを学ぶことができる。将来的には特定の広告タイプやスタイルだけを、見せることができるだろう。

同様のことはビデオゲーム video gamesの世界でも言える。ロールプレイゲームが楽しいのは、たくさんのシナリオを試せるからだろう。一つの決断で、ゲーム全体のストーリーが変わってしまう。AIを使えば、ゲームデベロッパーは数十、いや数百倍は複雑な設定を作ることが可能だ。順序パターンがより豊富な上で、一つの決断が設定され、それに伴うそれぞれのシナリオは、手が混んでいて意図的であり、ストーリーラインも思った通りにできる。

AIはメタバースのアーキテクト 巨大テックカンパニーたちの次の新天地は、メタバースだ。そこでAIはリアルを作るために重要な役割を担うだろう。人工知能はメタバースの世界が、よりリアル as real as possibleになるよう働いている。さらに、新世界を創造する過程を益々自動化させている。 前述した通り、AIはパーソナライゼーションとたくさんのシナリオを作ることに長けている。これらの強みは、メタバースのデベロッパーが、個々人に合わせた世界を作りやすくしている。それぞれの世界がユーザーの好き嫌いの好みに合わせて進化する中、そのためのソリューションを提供し続けているのがAIだ。無論、全てのオペレーションがAIや、AR、VRテクノロジーで済まされるわけではない。ハードとソフトのそれぞれのコンポーネントも、大きな役割を担う。とは言え、クリエイティブや人間の側面としてのメタバースは、AIと人間のデベロッパーが使うことから生まれてくる。

AIの可能性は無限だ。インプットをすればするだけ、その糧になる。そして、より多くの良質なアウトプットを生み出す。クリエイティブな世界に生きるプロたちは、この事実を重々承知している。多くのアーティストは、AIを競争相手として見るのではなく、パートナーとして見ることを選んだ。それはインスピレーションの引き出しであったり、新しい芸術の形として、より素晴らしい作品を生み出せるからだろう。