戻る

Appier (エイピア) AI革命の中で『企業競争力』を高めるマーケティング活用術5選を発表

Appier Group 株式会社 (エイピア、本社: 東京都港区、代表取締役CEO:チハン・ユー、証券コード:4180、以下Appier) は、 AIで企業のマーケティング領域の意思決定を支援する リーディング・カンパニーとして、不確実性が高まりつつある世界経済において不可欠な、企業のマーケティング活用術を発表いたしました。

Appier が開発するAIマーケティング機能は、マーケティング業務を効果的に最適化するように設計されています。主要な5項目は、①広告素材の自動生成 ②顧客インサイト獲得の為のデータ統合 ③カスタマージャーニー設計の自動化 ④顧客との双方向コミュニケーションで創出する販売機会 ⑤会話型マーケティング戦略の強化、の5つです。


 

Appier はソフトウェアのインテリジェンス化を進め、AIの力をより実質的な利益へ変換することに注力しています。また、過去4年に渡り製品群を拡大することで、市場プレゼンスを高めながら売上成長を5年で4倍にし、事業成長を継続しています。当社は、意思決定に関するAIと生成AIの創造力で競争力を強化し、イノベーションの最前線を歩み続けています。

 

インフレ率が上昇し消費行動が慎重になる昨今、AIを活用したデジタル広告やマーケティング活動を強化し、消費者の興味を引くことは、企業の成功の鍵を握ります。特筆すべきは、生成AIが世界のデジタルマーケティングに占める割合は、まだ3%にすぎないことです。MarketResearch.bizによると、同市場の生成AI採用は、2032年までに年平均成長率 (CAGR) 29%超と驚異的に拡大し、市場規模は195億ドルに達する可能性があり、将来性が注目されています。生成AIを使い生産性を向上し、さらにAIの予測機能と組み合わせることで、企業は費用対効果を高め競争力をつけています。また経営のレジリエンス強化にも繋がります。

Appier は、生成AIの大きな影響力と新たな可能性について確信しています。AIは真のコンピューター時代の到来をもたらし、グローバル企業はDXの領域を超え、AIで拓く時代へと突入しています。生成AIの台頭は、ホワイトカラーの仕事に革命をもたらすだけではなく、マーケティング担当者にとっても、広告作成、コンテンツ形成、会話型コマースでの顧客エンゲージメント方法において、大きな変化を迎えています。

企業はこのパラダイムシフトに直面することで、業務に優先順位をつけ、部門横断チームを組成し、小規模トライアルを実施することができます。また、自社組織に促したモデルを特定し、外部リソースを効率的に活用して、新たなビジネスの道筋をつけることができます。広告・マーケティング分野でこのような業務効率の最適化に着手し、より広範なビジネスの意思決定において、AI活用を広げていくことも可能です。


Appier の最高経営責任者 (CEO) 兼共同創業者チハン・ユーは、次のように述べています。「当社の理念は、一貫して顧客と歩調を合わせる、顧客中心の精神です。当社の専門チームは革新的なソリューションを提案し、当社独自の技術と拡張機能で強化された、業界最先端のAI技術を提供しています。当社はまた、リアルタイムでデータの可視化を実現し、データ取得から、実用的な顧客インサイト獲得までの時間を大幅に短縮しています。これにより、企業は独自のデータで最先端 AIモデルを設計し、競争力を継続して強化しています。生成AIの技術を活用し、さらに意思決定に関わるAIと専門知識をシームレスに統合することで、広告・マーケティングにおける実績を継続的に向上させ、『AIをもっとシンプルに ソフトウェアはよりスマートに 』という当社のビジョンを実現してまいります。」

当社のAIマーケティング製品は、以下の5つの重要項目において、効率性を高めています。

1. 広告素材の自動生成

デジタルマーケティング領域の担当者のタスクは多岐に渡り、広告パフォーマンスの確認、コンテンツ更新、時候に応じたビジュアル作成など、多くの作業を要します。Appier のマーケティング素材生成機能は、基本となる商品画像とオーディエンスのプロファイルを使用することで、プロセスを簡素化しています。生成AIが、オーディエンスと広告時期に最適な複数の広告素材を迅速に生成します。例えば、フードデリバリーのアプリでは、事業や商品詳細、その時の天候、オーディエンスの興味・関心などを考慮し、カスタマイズされた広告素材を自動作成しています。また、リアルタイム追跡機能によって、AIモデルが同様の広告素材を予測・生成し、広告効果を常に高めることが可能となります。

2. 顧客インサイト獲得のためのデータ統合

複数のマーケティングチャネルにまたがる断片的なデータを統合し、価値ある顧客インサイトを迅速に獲得することは、企業やマーケティング担当者にとって長年の課題でした。Appier のAI搭載カスタマー・データ・プラットフォーム (CDP) は、オンラインとオフラインの販売データ、ウェブやアプリなど各チャネルで得たユーザー接点、外部システムデータなど、さまざまなデータを容易に統合するため、一貫性のあるソリューションになります。プラットフォーム上で360度視点の顧客プロファイルを作成し、あらゆる接点での顧客行動や指向に関するインサイトを獲得できます。さらに、リアルタイム分析により、企業は、潜在的な顧客ニーズを積極的に探ることが可能となります。


3. カスタマージャーニー設計の自動化

生成AIを実装した Appier のコパイロット(副操縦士)機能は、カスタマージャーニーを自ら提案します。担当者は自社ニーズを概説するだけで、作業効率を改善できます。例えば、「商品の詳細、特徴、早期購入特典を段階的に紹介など、新商品プロモーションキャンペーンの立案を支援」と指示すれば、生成AIが即座に条件に応じたカスタマージャーニーを生成し、段階ごとの施策を手作業でセットする時間を、大幅に短縮できます。これにより担当者は、ブランド戦略などを広範な側面から見て、考案することに集中できます。


4. 顧客との双方向コミュニケーションで創出する販売機会 

顧客がWebサイトにアクセスする一瞬一瞬に、販売機会があります。Appier のAIモデルは、顧客の購買意欲や価格感度を素早く特定することができ、ユーザーの行動データからインサイトを引き出します。その上で、個々に最適化されたおすすめ商品を提示し、購買プロセスを効率化します。例えば、価格に敏感な顧客には、割引を提示し購入を促したり、価格に強いこだわりを持たない顧客には、プレミアム商品やセット販売を積極的にお勧めすることで、注文単価の平均を高めることなどが可能となります。


5. 会話型マーケティングの強化

Appier の会話型マーケティング・プラットフォームは、FAQなどの企業の文書データをリアルタイムに取り込み、AIモデルに学習させています。この学習により文脈に即した対話が生まれ、より的確な顧客対応が可能となり、顧客満足度が向上します。Appier のAIクリック最適化機能は、セグメント別にコミュニケーションが調整されるため、過去のプッシュ通知記録、ユーザー行動、嗜好分析などを活用し、エンゲージメントができる可能性が高いユーザーに向け、メッセージを発信することが可能となります。企業はコスト削減に加え、不要なメッセージを、関心の低いユーザーに配信することを防ぐことも可能となります。

Appierについて
高度なAIマーケティング・ソリューションをSaaSで提供する。『ソフトウェアをよりスマートに、AIでROIを向上させる』というミッションのもと、誰もが簡単に使えるAIの実用化を推進し、AIを活用した顧客分析等で、企業の販売及・マーケティング活動を包括的に支援。現在、アジア太平洋地域、欧州、米国に17の拠点を置き、データの価値を最大化することで、あらゆる企業がより正確かつ迅速で、先見的な意思決定が行われる未来の創造に取組む。東京証券取引所プライム市場上場 (証券コード: 4180)   https://www.appier.com/ja-jp

こちらもぜひご覧ください

[BlogPost 156773836328 Appier (エイピア) 2023年12月期決算発表、通期で売上収益、利益ともに伸長, BlogPost 155192051090 新時代の幕開け「大規模言語モデル (LLM) が『目新しさ』からビジネスで必須な理由」, BlogPost 154363304591 Appier (エイピア)  AIウェブ接客ツール 「AiDeal(アイディール)」に新機能「コンバージョン・ボット」搭載でさらなる最適化]

PR_Q4FY23 Financial report_Banner_p01_v01

Appier (エイピア) 2023年12月期決算発表、通期で売上収益、利益ともに伸長

Robert_LLM_2024

新時代の幕開け「大規模言語モデル (LLM) が『目新しさ』からビジネスで必須な理由」

AIDEAL-Newsroom-image

Appier (エイピア)  AIウェブ接客ツール 「AiDeal(アイディール)」に新機能「コンバージョン・ボット」搭載でさらなる最適化