Go Back

マーケティングの強化に消費者インサイトを活用する

従来のマーケティングの多くは、企業から消費者に向けた、一方的なものでしたが、今では消費者の視点に立ったコミュニケーションが欠かせません。消費者に満足してもらえる体験を提供するには、消費者が望むものや求めているものに耳を傾け、時には消費者の要望を先回りして提案できればよりよい成果を得られます。AIを活用して消費者インサイトを知ることで、よりリアルな消費者の視点に基づくマーケティングが可能になります。

消費者インサイトとは?

消費者インサイトとは、消費者がどのように考え、感じているかについて理解することです。インサイトを理解する上で重要なことは、消費者がどうしてその考えに至ったかのプロセスを明らかにすることです。

消費者の考えを掘り下げて理解することで、消費者とのコミュニケーションをより効果的に行うことができます。例えば、顧客が明るい青色のコートを購入するのは、春色のパステルカラーが自分に似合っていると考えているからだということを理解すれば、他の春色の服をお勧めすることもできます。

消費者インサイトを得ることができれば、顧客に満足してもらえる消費者体験の提供が可能となり、顧客満足度の向上につながります。その結果、顧客維持率や投資収益率(ROI)も向上します。

見込み客のインサイト作成に必要なもの 

・高品質のデータ 顧客インサイト作成には良質のデータが不可欠です。データは、自社ウェブサイト、アプリ、ソーシャルメディア、マーケティングキャンペーン、CRMなどの自社チャネルを通じて収集したデータ、またはウェブ上の消費者行動に関するサードパーティデータを活用します。

• 包括的な分析 高品質のデータを収集したら、分析し、インサイトを抽出し、それが何を意味しているかを発見する必要があります。これを行うには、AI(人工知能)を搭載した分析ツールを操作できる、専用の分析チームが必要になります。

• 顧客セグメント オーディエンスをさまざまな顧客セグメントに分割し、顧客のニーズ、関心、行動に基づく「タイプ」に分けることは、マーケティングにおいてさらなる顧客理解をもたらします。セグメントした消費者のインサイトへの施策を通じて、その特性を知ることも可能です。

市場調査と消費者インサイトの違いは?

消費者インサイトは市場調査とは異なります。市場調査は、市場で何が起こっているかに関する情報を提供するもので、ビジネストレンドと消費者トレンドの両方を定義するのに役立ちます。

消費者インサイトはこのステップをさらに進めたもので、消費者行動の原因・理由についての情報です。つまり、消費者インサイトデータはマーケティングに活用するためのものです。

マーケティングにおける消費者インサイトの活用方法

• 競合他社の分析 消費者インサイトを分析することで、自社ブランドや商品について、消費者がどのように考えているかだけでなく、競合他社についてどう考えているかを知ることができます。つまり、自社が顧客のニーズを満たしているところと、ライバルの方が長けているところを知ることができるため、効果的なマーケティング施策によってビジネスを成長させるのに役立ちます。

• カスタマイズされたマーケティング 企業間競争がこれまで以上に厳しくなるなか、多くの業界、特にEコマースではパーソナライズしたマーケティングが重要です。

消費者インサイトにより、消費者が特定の商品を購入する理由と好みの背後にある理由を理解することで、さまざまなセグメントにパーソナライズされたマーケティングとコミュニケーションを提供できます。

• カスタマージャーニーの改善 消費者インサイトは、カスタマージャーニーの構築に役立ち、一連の顧客体験を改善するために何が欠けているのかを特定できます。たとえば、購入後のカスタマーサポートが十分でないと解った場合は、ソーシャルメディアキャンペーンなどで、顧客からサービスに関してフィードバックしてもらえるよう投稿を促すことができます。信頼できる顧客の声は、フィードバックを提供する顧客や見込み客のエンゲージメントを向上させ、顧客の定着が期待できます。

消費者インサイトを正しく採用すれば、既存顧客と新規顧客に、より魅力的なマーケティングを提供でき、市場での競争力も増します。 膨大なデータを理解し、効果的なマーケティングキャンペーンを作成するのに役立つような顧客インサイトを得ることは難しいことです。しかし、AIを搭載した データサイエンスプラットフォーム「AIXON(アイソン)」であれば御社のデータ分析のニーズにお応えします。詳細は こちらからお問い合わせください!