Appier News Center
エンタープライズAIに関するニュースや情報

Appierについて

Appierは、AI(人工知能)を活用し、企業がマルチデバイス時代における成長と成功を実現するのを支援するテクノロジー企業です。

ポストモバイル社会においては、ユーザーが複数のデバイスを利用することが当然となりました。オンラインでユーザーにリーチしたいビジネスでは、デバイスの増加にともない複雑さを増すユーザーの行動にどう対応するかという課題に直面しています。

Appierは、この複雑化する課題を解消する最良の手段はAIであり、クロスデバイスマーケティングを容易にすることに役立つと考えています。

投資家情報

Appierは、シード、シリーズA、シリーズB、およびシリーズCラウンドで総額8,200万ドル(約89億3,800万円)を上回る調達をしています。

シリーズAラウンドでは、セコイア・キャピタルから600万ドルの出資を受けています。

シリーズBラウンドでは、ユナイテッド・オーバーシーズ銀行ベンチャーマネジメント(UOBVM)、セコイア・キャピタル、ジャフコ、トランスリンク・キャピタル、メディアテック・ベンチャーズから2,300万ドルの出資を受けています。

追加のシリーズBラウンドでは、(テマセク・ホールディングスの一員である)Pavilion Capital International Pte Ltd、WI Harper Group、(カザナ・ナショナルの一員である)FirstFloor Capital、およびQualgroから1,950万米ドルの出資を受けています。

シリーズCラウンドでは、ソフトバンクグループ株式会社、LINE株式会社、NAVER、EDBI社、AMTDグループから合計3,300万米ドルの出資を受けています。

拠点
Appierは台北に本社を置き、シンガポール、東京、シドニー、ホーチミン、マニラ、香港、ムンバイ、デリー、ジャカルタ、ソウル、クアラルンプール、バンコク、大阪のアジア全域に14の拠点を構え、1,000を超える世界中のブランドと代理店にサービスを提供しています。
チーム
従業員数200人以上。Appierの研究開発チームは、AI、データ分析、分散処理システム、マーケティングの経験を有するコンピューター科学者とエンジニアの熱意あふれるメンバーによって構成されています。社員は、グーグル、インテル、ヤフーのほか、ハーバード大学やスタンフォード大学の有名なAI研究グループの出身です。
マネージメントチーム
チハン・ユー
最高経営責任者(CEO)兼 共同創業者
チハン・ユーは、AIによるクロスデバイスソリューションを広告主へ提供する、プロダクトの開発事業とビジネスチームを統括しています。スタンフォード大学の研究室に在籍中は、DARPAグランド・チャレンジの自動運転車や、リトルドッグなど、象徴的なAIプロジェクトの開発研究に貢献しました。
ウィニー・リー
最高執行責任者(COO) 兼 共同創業者
ウィニー・リーは、アジア14市場における、Appierのオペレーション事業の立ち上げ、育成と拡大を統括しています。また、Appierの事業戦略においても重要な役割を担っています。
ジョー・ス
最高技術責任者(CTO) 兼 共同創業者
ジョー・スは、共同創業者の1人としてAppierに参加しました。 高校時代から有名なプログラマーであり、エンジニアリングへ生涯の情熱をそそぎ、Appierの開発部門で大きな役割を担っています。
シュアン・テン・リン
最高データ責任者(CDS)
アジアの人工知能コミュニティの著名人であり、情報通信工学科の准教授として勤務していた国立台湾大学からAppierに参加しました。
ファブリツィオ・カルーソ
最高売上責任者(CRO)
ファブリツィオ・カルーソは、Appierの広告主の成功に責任を持ち、セールスチームを統括しています。Appierに入社する以前は、Opera Software、Out There Media、Buongiorno and Amdocsのシニアマネジメント職を歴任しました。
ショーン・チュウ
最高戦略責任者(CSO)
ショーン・チュウは、Appierの成長戦略の策定と実施に責任を持ち、企業向けのAIの導入拡大に注力するとともに日本と韓国における事業拡大を牽引します。Appierに入社する以前は、日本マイクロソフト、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント、ウォール・ストリート・ジャーナル、モトローラで要職に従事しました。
ジュンデー・ユー
最高事業責任者(CBO)
ジュンデー・ユーは、AI搭載のデータ・インテリジェンス・プラットフォーム「アイソン(AIXON)」を含む事業を統括します。Appier入社以前は、アプリに関する市場データと分析ツールを提供するApp Annie社のアジア太平洋最高業務責任者を務めました。インターネット分野のスタートアップ企業で10年以上の経験を持ち、App Annieの同地域におけるセールスの第一人者として事業展開を大いに貢献しました。
投資家情報
Appierの拠点
台北
8F, No. 123, Songren Road, Taipei 110, Taiwan.
T: +886-2-8780-2800
東京
〒105-6240 東京都港区愛宕2-5-1
愛宕グリーンヒルズMORIタワー40階
Appier Japan株式会社
T: +81-3-6435-6617
大阪
〒530-0004 大阪市北区堂島浜2-2-28
堂島アクシスビル 4階
T: +81-6-6123-7527
シンガポール
8 Marina View #14-11 Asia Square Tower 1 Singapore 018960
T: +65-6320-9760
ベトナム
Unit 620.1, Level 6, Me Linh Point Tower, 2 Ngo Duc Ke Street, District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam
T: +84-908-666-254
シドニー
Level 4, room 415, Plaza Building, Australia Square, 95 Pitt Street, Sydney, NSW, Australia 2000
T: +61-403-752363
香港
15F Soundwill Plaza II-Midtown, 1-29 Tang Lung Street, Causeway Bay, Hong Kong
T: +852-9020-4455
ムンバイ
A33, Quest, 1st Floor, Parinee Crescenzo, G Block, Bandra Kurla Complex, Mumbai, India 400051
T: +91-992-004-5050
ニューデリー
Level 12, Tower C, Building 8, DLF Cyber City Complex DLF City Phase II, Gurgaon, Haryana, 122002, India
T: +91-995-844-0088
ジャカルタ
12th Floor, JI H.R Rasuma Said, Blox X2 Kav. 6, Jakarta,Indonesia 12950
T: +62-81-5807-7613
マニラ
5th Floor, 110 Legazpi Street, Legazpi Village, Makati City 1229, Philippines
T: +63-917-842-5322
ソウル
2nd floor, 14 Teheran-ro 82-gil, Gangnam-gu, Seoul, Korea
T: +82-2-2138-7541
クアラルンプール
L-07-01, Level 7, Unit 709, Block L, Solaris Mont Kiara, No. 2, Jalan Solaris Mont Kiara, 50480 Kuala Lumpur, Malaysia
T: +60-122-015-265
バンコク
1 Empire Tower, 47th floor, unit 4703,4704 South Sathorn Road, Yannawa, Sathorn, Bangkok, 10120, Thailand
T: +66 26861249

歴史

2017

11月 ジュンデー・ユーが最高事業責任者(CBO)に、チャールズ・エンが企業向けAIの専任開発部長として就任

9月 ショーン・チュウが最高戦略責任者(CSO)に就任

8月 シリーズCの資金として3,300万米ドルを調達

7月 大阪オフィス設立

5月 バンコクオフィス設立

2016

12月 シリーズBの資金として1,950万米ドルを追加調達

2月 シュアン・テン・リンがチーフデータサイエンティスト(CDS)に就任

2015

11月 シリーズBラウンドで2,300万ドル(約27億円)の出資を受ける

9月 ムンバイ、デリー、ジャカルタ、香港オフィス設立

7月 マニラオフィス設立

4月 シドニーオフィス設立

2014

12月 ホーチミンオフィス設立

7月 東京オフィス設立

6月 セコイア・キャピタルからシリーズAラウンドの資金調達

3月 シンガポールオフィス設立

2012

6月 Appier本社を台湾の台北に設立