高い技術力と実績を兼ね備えたリーダシップ

メンバーの70%以上がAIとビッグデータ分野の 博士号、修士を有し、300件以上の世界有数メディアでの掲載、学会での発表件数を誇ります。R&D部門のメンバーは世界的トップクラスのデータマイニングコンテストであるKDDカップで7度の優勝を果たしています。
メンバーの70%以上がAIとビッグデータ分野の 博士号、修士を有し、300件以上の世界有数メディアでの掲載、学会での発表件数を誇ります。R&D部門のメンバーは世界的トップクラスのデータマイニングコンテストであるKDDカップで7度の優勝を果たしています。

マネジメントチーム

マネジメントチーム

シュアン-ティエン・
リン博士
チーフデータサイエンスコンサルタント

シュアン-ティエン・リン博士は、Appierのチーフデータサイエンスコンサルタントであり、国立台湾大学(NTU)のコンピュータサイエンス・情報工学部門の教授です。アジア地域のAIコミュニティで活躍するリン博士は、機械学習(ML)の理論的基礎、新しい学習問題の研究、学習アルゴリズムの改良などを研究しています。2010年から2013年の間、リン博士はNTUのチームを率いてACM KDDカップで6回の優勝を果たしました。共著した機械学習の教科書「Learning from Data」は、Amazonでベストセラーです。Courseraで最も人気のある中国語のMLコースを指導し、MLとAIの分野で約100の論文を執筆しています。リン博士は、Foundation for the Advancement of Outstanding Scholarship (FAOS)からYoung Scholars’ Creativity Award、NTUから優秀メンター賞および優秀教授賞など、多くの学術的な賞を受賞しています。リン博士は、米国カリフォルニア工科大学でコンピュータサイエンスの博士号と修士号を取得、Appier入社前は、コンサルタントとして活躍しまし

チハン・ユー
最高経営責任者(CEO)兼
共同創業者
チハン・ユーは、Appierの共同創業者兼最高経営責任者およびAppier, Inc.の代表取締役です。2019年2月よりAppier Group株式会社の代表取締役を務めています。ユーは米国ハーバード大学から人工知能(AI)の博士号を取得しています。ハーバード大学の前には、スタンフォード大学のAI研究室で修士号を取得しました。ユーは、Appierを設立する前に15年以上のAI領域の経験を持ち、主に機械学習や自律ロボットや自動運転車などの自律制御の分野でAIアルゴリズムの研究に携わりました。また、AI搭載のロボットや機械学習の分野で多数の論文を発表しています。2010年国際財団IFAAMAS Victor Lesser Distinguished Dissertation Awardにノミネートされ、ハーバード大学のワイス研究所で研究員を務めました。ユーは、世界経済フォーラムの「2016年ヤング・グローバル・リーダー」に選ばれ、AppierはアジアのAI企業としては唯一のリスト入りを果たしました。
尾下 大介
取締役 監査等委員

尾下大介氏は、2020年9月よりAppier Group株式会社の社外取締役および監査等委員を務めています。尾下氏は、有限責任監査法人トーマツでキャリアをスタートさせました。また、長島・大野・常松法律事務所にて、日本およびニューヨークの弁護士資格を有する弁護士として勤務した経験を有しています。東京証券取引所(取引所自主規制機構)上場審査部の第一号弁護士です。東京証券取引所(取引所自主規制機構)上場審査部の初代弁護士として、上場申請企業のコンプライアンス・ガバナンス問題に従事。長島・大野・常松法律事務所では多くの上場企業へのアドバイスや公認会計士としてIPO支援を行った経験を有します。

本村 天
取締役 監査等委員

本村天氏は、2019年8月よりAppier Group株式会社の社外取締役および監査等委員を務めています。本村氏は、TGVest キャピタルのマネージング・ディレクター兼日本代表として、日本における投資案件を担当しています。本村氏は、特にテクノロジー分野を中心にVCやグロース投資の経験を積んでいます。2018年にTGVestに入社する前は、日本の産業革新機構(INCJ)のバイスプレジデントを務めていました。INCJ時代には、ルネサスエレクトロニクスへの投資などの大型案件に参画しました。本村氏は、日本の一橋大学で学士号を取得しています。

ジーン・トー・ジン・ハーン
取締役 監査等委員

ジーン・トー・ジン・ハーン氏は、2019年2月よりAppier Group株式会社の社外取締役および監査・監督委員会メンバーを務めています。Thoh氏は、ベンチャーキャピタル/プライベートエクイティのファンドマネジメントにおいて20年近くの経験を持ち、2003年からUOBVMに在籍しています。エグゼクティブ・ディレクター(投資)として、投資の推奨と決定、投資先企業の情報収集、売却機会の要請、および資金調達活動を担当しています。Durapower Holdings Pte Ltd(旧New Resources Technology)やWuXi Pharmatech Co. などの取締役およびオブザーバーを務めています。UOBVM入社前は、シンガポールEDBインベストメンツ(EDBI)に12年以上勤務。シンガポール経済開発委員会でキャリアをスタートさせ、現在はUOB Venture Management Private Limitedのエグゼクティブ・ディレクターを務めています。

アビーク・アナンド
取締役 監査等委員

アビーク・アナンド氏は、2019年2月よりAppier Group株式会社の社外取締役および監査・監督委員会メンバーを務めています。アナンド氏は、シンガポールを拠点とするセコイア・キャピタル (India) Singapore Pte Ltd.のマネージング・ディレクターとして消費者向けインターネット、金融サービス、ディープテックなどの分野における東南アジアのアーリーステージ投資に注力しています。アナンド氏は、MoneyTap の取締役と Cuemath の取締役を含む 2 つの取締役および顧問を兼任しています。それ以前は、米国サンフランシスコのテクノロジー新興企業Tagtileを共同創業し、同社はその後Facebookに買収されました。セコイアに入社する前は、Facebookでプロダクトマネージャーを務め、いくつかの広告製品を構築するチームを率いました。アナンド氏は、デリーのインド工科大学でコンピュータサイエンス学士号、米国メリーランド大学でコンピュータサイエンス修士号、スタンフォード大学でMBAを取得しています。

リーフェン・チェン
取締役 監査等委員

リーフェン・チェン氏は、2019年2月よりAppier Group株式会社の社外取締役および監査・監督委員会のメンバーを務めています。チェン博士はテクノロジー業界のベテランであり、AI、情報検索、自然言語処理の専門知識で世界的に認知されています。台湾の中央研究院情報科学研究所でキャリアをスタートさせ、研究員および副所長を務めました。国立台湾大学(NTU)の嘱託教授、マイクロソフトアジアの研究所のコンサルタントを兼任しました。チェン氏はデータ検索と処理に関する100以上の論文を発表しており、アジア言語情報検索会議の創設者でもあります。Appierの社外取締役就任以前は、グーグル台湾のマネージングディレクターとして14年間にわたり同社の成長と運営を監督し、グーグル台湾をアジア最大の研究開発センターに成長させ、3,000人以上の従業員を擁するまでに導きました。国立台湾大学でコンピュータサイエンスと情報工学の博士号を取得しています。

橘 浩二
財務担当SVP

橘浩二は、2020年6月にAppierの財務担当上級副社長に就任しました。経理・財務部門を統括し、投資家との円滑なコミュニケーションや財務計画の効果的な実行を担当しています。橘は1997年に野村證券に入社し、資金調達やIPO(新規株式公開)のサポートを担当。10年後に官公庁に異動し、経済産業省資源エネルギー庁で国有資産の売却業務を担当。また、独立系投資顧問として投資事業に従事した後、2011年にDeNAに入社し、執行役員としてコーポレートファイナンス部門を率い、M&A戦略、財務、経理、広報、IR、社内ITを担当しました。東京大学の法学部を卒業しています。

アルバン・ヴィラニ
欧州地域セールス担当 SVP

アルバン・ヴィラニは、2020年6月に欧州地域の営業担当シニア・バイス・プレジデントに就任しました。ヴィラニは企業や代理店と連携し、ディープラーニングを適用して製品やサービスの新規顧客を獲得するための支援を行っています。Appierに入社する前は、Criteo社のAPAC担当マネージング・ディレクターとして、および小売、旅行、金融などの業界向けのソリューションの提供を行い事業成長を牽引しました。ヴィラニは、ヨーロッパ、アメリカ、アジアのメディアおよびインターネット業界のエキスパートとして17年以上の経験を有します。また、AI、オンライン小売、オムニチャネルマーケティングなどの主要なテクノロジー分野にも精通しています。Criteo入社以前は、総合デジタルエージェンシーのF.Y.Asiaを率い、パリとシンガポールの両チームを管理し、事業戦略、資金調達、企業との関係構築、マーケティングを統括しました。また、For Ever Young Mobile Studioの設立を主導、アジア太平洋地域における「ゲーミフィケーション」の先駆者の一人となりました。ヴィラニは、IAB商務委員会の共同議長を務め、フランス政府と緊密に連携して、フランスの対外貿易アドバイザーとして、テクノロジーとメディア政策に関する助言を提供しています。

ミシェル・ウォン
エンタープライズビジネス担当SVP

ミシェル・ウォンは、2020年6月にAppierのエンタープライズビジネス担当シニアバイスプレジデントに就任し、グローバルエンタープライズコマーシャルチームを率いて、Appierの企業向けのAIおよびデータサイエンスプラットフォームの導入に関する責任を負っています。彼女はIBMで約24年間リーダーシップを発揮し、テクニカルサポート、東南アジア地域のゼネラルマネージャーを務めていました。その間、営業、業務、サービス提供チームを率い、同社の収益目標達成における責任者を務めました。企業向けソリューション分野で30年以上の経験を持ち、シンガポール国立大学でコンピュータサイエンスの学位を取得しています。

マジック・ツー
アジア地域セールス担当SVP

ジンティン・“マジック”・ツーは2019年8月よりAppier Group株式会社の取締役であり、Appierのアジア太平洋地域の営業部門シニア・バイス・プレジデントを務めています。2016年にAppierに入社し、研究開発、製品管理、マーケティング、事業開発など様々なチームと連携しながら、製品の企画から発売までの製品開発プロセスの効率化を担当しています。AIに基づくオーディエンス予測・分析プラットフォーム「AIXON(アイソン)」は、彼のチームが最初に立ち上げた製品です。Appierに入社する前は、HTCでソフトウェア製品管理のディレクターとして、スマートフォン「HTC Sense」とアクセサリーのソフトウェア体験企画全般を指揮していました。また、Google、Yahoo、Microsoft、Nokiaなどのサードパーティベンダーやパートナーとの連携プロジェクトを担当するプログラム管理チームを率いていました。HTCの前は、台湾に本社を置く電子設計自動化会社SpringSoft(現Synopsys)で開発責任者を務めていました。

ソウドウ・リン
チーフマシンラーニングサイエンティスト
ソウドウ・リン博士は、2020年2月にAppierの機械学習(ML)チーフサイエンティストとして入社。リン博士はAI、知識発見、自然言語処理の分野で20年以上の経験を有します。Appierに入社する前は、国立台湾大学(NTU)コンピュータサイエンス情報工学科の専任教授を務めていました。リン博士は、いくつかの権威ある研究賞を受賞しており、学術と産業の両方の専門知識をAppierにもたらしています。彼は50社以上のグローバル企業にAIの研究と応用のアドバイスを提供し、マイクロソフト、グーグル、IBMから賞を受賞しています。また、NTUチームを率いてACM KDDカップで7回の優勝を果たしました。一流のジャーナルやカンファレンスで100以上の論文を発表し、様々な論文賞を受賞しています。Appier入社後、AiDealチームを率いて、2020年のAI Breakthrough Awardsで最優秀AI搭載のアナリティクスソリューションを受賞。国立台湾大学で工学専攻の理学士号、米国ミシガン大学で工学修士号を取得。また、南カリフォルニア大学で計算言語学の修士号とコンピュータサイエンスの博士号を取得しています。
ミン・スン
チーフAIサイエンティスト(CAIS)

ミン・スン博士は2018年7月にAppierのチーフAIサイエンティストとして入社しました。スン博士はコンピュータビジョン、自然言語処理、深層学習、強化学習の専門知識を有しており、研究分野は3D物体認識、人間のポーズ推定、シーン理解、動画理解、テキスト要約などです。国立清華大学(NTHU)電気工学科の准教授を務めています。スン博士は、アンドリュー・エン教授、フェイフェイ・リー教授、シルビオ・サバリース教授など、最も影響力のあるAIリーダーの下で仕事をしてきました。2009年にリー教授が率いる革命的なImageNetプロジェクトにクラウドソーシングのアイデアを提供したほか、ロボット・オペレーティング・システム(ROS)やMicrosoft Kinectの人間の姿勢推定システムに早くから貢献してきました。また、米国で2つの特許を取得しており、これまでに50以上のトップAI会議論文を発表しています。2016年にはDigital Drift Best Paper on Deep Learning for Visual Analysis、2015~2017年にはCVGIP Best Paper Awards、2018年にはMOST TaiwanからOutstanding Research Award、2018年にはTa-You Wu Memorial Award From MOST Taiwanを受賞しています。スン博士は、米国ワシントン大学にてコンピュータサイエンスおよびエンジニアリング部門にて博士研究員として在籍し、2016年にミシガン大学から電子工学システム分野の博士号を、スタンフォード大学から電子工学の修士号を取得しています。

ジョー・スー
最高技術責任者(CTO)兼
共同創業者
チャユン・“ジョー”・スーはAppierを共同設立しました。Appierの最高技術責任者(CTO)兼取締役であり、2019年2月よりAppier Group株式会社の取締役を兼任しています。スーは台湾国立交通大学(NCTU)において、コンピュータサイエンスと情報工学のクラスで優秀な成績を納めました。NCTU の優秀学術貢献賞を受けました。また中華民国斐陶斐栄誉学会の名誉メンバーに選ばれました。米国ハーバード大学で修士号を取得しています。スーはネットワークおよびシステム設計に関する研究論文を発表しています。Appier入社前は、高性能のモバイルゲームやソーシャルゲームの開発に特化した独立系ゲームスタジオPlaxieを共同設立し、運営していました。スーは大規模システムの専門家であり、熟練したプログラマーでもあります。VoIP、ソーシャルゲーム、分散コンピューティング、ビッグデータ技術、広告技術など、さまざまな分野でシステム設計の経験と専門知識を有します。スーはCTOとして、Appier初のソリューションであるCrossX AIプラットフォームを共同開発するなど、AppierがAIプラットフォームを構築する際のテクノロジーの方向性を示しています。また、業界パートナーと緊密に連携して最新の広告テクノロジーのトレンドを把握し、戦略的な提携関係の構築を目指しています。
ウィニー・リー
最高執行責任者(COO) 兼
共同創業者
ウォンリン・“ウィニー”・リーは、Appierを共同創業者兼最高執行責任者を務めています。2019年2月よりAppier Group株式会社.の代表取締役を務めています。Appierに入社する前、リーは10年間、免疫学者として活躍していました。米国セントルイスのワシントン大学で博士号を、スタンフォード大学で修士号を取得したリーは、Nature誌にて4つの論文を含む影響力のある出版物で記事を執筆しました。研究成果は1,000件を超える引用をされています。また、ボストン小児病院、ハーバード大学医学部で研究技術者を務めた経験もあります。彼女のリーダーシップのもと、Appierは5人で設立したスタートアップから急成長を遂げ、アジアとヨーロッパに従業員を擁する企業に成長しました。2020年、リーはAppierの事業を構築・拡大し、事業戦略を推進した成功が評価され、Business Insiderの「アジアでビジネスを変革するトップ100人」に選ばれました。