Appier、『アドテック東京2019』に出展
チーフAIサイエンティストがパネルディスカッションに参加

Appier PR
Appier PR 11月 13, 2019

カスタマージャーニーの各フェーズのマーケティング課題を解決する AI搭載のデジタルマーケティングソリューション群を紹介

AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、共同創業者/CEO:チハン・ユー、以下Appier)は、11月27日(水)・28日(木)に東京国際フォーラムで開催するアジア最大級のマーケティングのカンファレンス『アドテック東京2019(ad:tech tokyo 2019)』に出展します。出展ブースは 62、63 (Stage2の目の前)です。

Appierブースでは、以下の4つのデジタルマーケティングソリューションに関する展示とともに、製品担当のスタッフがソリューションをご説明します。

■デジタル広告ソリューション「Cross X」 自社およびサードパーティデータから最適なユーザーを見つけ出し、獲得につなげるAIアルゴリズムによって、リテンション、ROIといった目標の達成を支援する「Cross Xアドソリューション」をご紹介します。「Cross X」は、ゲーム、EC、マッチングなど多様なアプリサービス事業者のマーケティングをROI高く実現します。

■顧客ターゲティングツール「AiDeal (アイディール)」 AIによって購入決定にいたるトリガーを見つけ出し、見込み客を検出、カスタマイズされた効果的なオファーを見込み客に行い購入まで導き、販売サイクルを短期化するソリューション「AiDeal(アイディール)」をご紹介します。700社以上のEC事業者様に導入実績のあるツールです。

■カスタマーエンゲージメントプラットフォーム「AIQUA(アイコア)」 Appier独自のAIエンジンとデータベースを活用し、ターゲットオーディエンスの属性や行動特性を把握・セグメント、高度な顧客エンゲージメントを可能にするプラットフォームです。パーソナライズしたメッセージや特典をデバイスを横断して提供することで顧客のライフタイムバリュー(LTV)を向上させます。

■データサイエンスプラットフォーム「AIXON(アイソン)」、 企業が保有する顧客データを統合・強化、ターゲットオーディエンスを包括的に把握できます。マーケターは、 アイソンにビルトインされた多様なAIモデルによって、手軽にオーディエンスの行動予測が可能です。このデータを活用して、精度の高いマーケティング施策を展開できます。

また、AppierチーフAI サイエンティストミン・スン『クリエイティブとデータ活用(DM4)』に参加し、国内外のデジタルマーケティングのインフルエンサーとクリエイティブとデータ活用というテーマで意見を交換するとともに、クリエイティブのパーソナライゼーションをはじめ最新事例をご紹介します。

『クリエイティブとデータ活用(DM4)』 11月27日16時~16時50分
(※DMトラックの聴講には有料カンファレンスパスのお申込みが必要になります。)

さらにAppierは、「アドテック東京2019」の公認イベント「Reproスタンプラリー」に参加します。デジタルマーケティングのトッププレイヤーのトークセッションや出展企業のブースを回るだけで「必ず」景品が当たるスタンプラリーです。
詳細は https://try.repro.io/adtech-tours/ に掲載されています。

<イベント概要>

アドテック東京2019(ad:tech tokyo 2019)http://adtech-tokyo.com/ja

■日時 2019年11月27日(水)10:00~18:00 2019年11月28日(木)10:00~17:00

■会場 東京国際フォーラム
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号 JR有楽町駅 徒歩1分、 地下鉄日比谷線銀座駅 徒歩5分

Appier について
Appier は、AI(人工知能)テクノロジー企業として、企業や組織の事業課題を解決するための AIプラットフォームを提供しています。詳細はwww.appier.com/jp/ をご覧ください。

2019年11月13日プレス PDF版

最新のホワイトペーパーをダウンロードして、AIおよびデータサイエンスが、金融サービスにおける顧客行動の予測にどのように役立つかご覧ください。

ダウンロードには以下のフォームを記入してください