機械学習の世界的研究者、ソウドウ・リン博士、 Appierのチーフマシンラーニングサイエンティストに就任

Appier PR
Appier PR 3月 4, 2020

 

世界的なAI研究者の参画により、Appierの技術開発チームを拡充

 
 

AI(人工知能)テクノロジー企業である Appier(エイピア、共同創業者/CEO:チハン・ユー、以下 Appier)は、は本日、機械学習の世界的研究者、ソウドウ・リン博士がAppierのチーフマシンラーニングサイエンティストに就任したと発表しました。

リン博士はこれまで20年以上にわたり人工知能、知識抽出、自然言語処理の研究と人材教育に従事し、前職は、国立台湾大学(NTU)で教鞭をとってきました。Appierでは教育機関および企業での就業経験、この2つの連携を推進してきた経験を活かします。

リン博士はこれまでMicrosoft、Google、IBMなどのグローバル企業のほか、様々な教育機関など50にのぼる機関に対して AI研究およびAI技術の応用、各種の技術競技会での優勝に関するアドバイスを提供してきました。Appierでは、最先端の機械学習技術の開発と応用に従事し、Appierのお客様がAI搭載のソリューションを迅速に導入でき、最大の成果を獲得できるよう支援します。

Appier共同創業者でありCEOのチハン・ユーは「リン博士は世界的に評価されている機械学習の専門家であり、彼はAppierの成長にとって重要な人材となるでしょう。彼は機械学習技術の実装に豊かな経験があります。今後リン博士は、当社のデータおよびAIサイエンティスト分野の役員とともにAppierの製品群の拡充に取り組むとともに、当社の顧客が最先端のAIソリューションを迅速に導入し、ビジネスを成長させていくための支援を行います」と述べました。

ソウドウ・リン博士は「Appierの世界レベルの優秀な研究者とサイエンティストと仕事ができることは大きな喜びです。Appierの技術チームはビジネス課題を解決するための最先端のAIと機械学習の開発と提供に取り組んでいます。今後私は、技術チームのソリューション開発を支援し、顧客の課題解決のみならず新しいビジネスチャンスを創出することに注力します」と述べました。

リン博士はNTUにてコンピュータサイエンス、インフォメーションエンジニアリング部門の常勤教授を務めました。就業中Machine Discovery and Social Network Mining Labを設立しました。

リン博士はNTUのチームを指導しACM KDD Cupに6度の入賞をもたらしました。リン博士はAI人材の育成に尽力し、これまで100名以上の大学院生を指導、その中には大学教授、スタートアップ企業の共同創業者、IT企業の社員として活躍している人もいます。

Appier について
Appier は、AI(人工知能)テクノロジー企業として、企業や組織の事業課題を解決するための AI プラットフォームを提供しています。詳細はwww.appier.com/jp/ をご覧ください。

最新のホワイトペーパーをダウンロードして、AIおよびデータサイエンスが、金融サービスにおける顧客行動の予測にどのように役立つかご覧ください。

ダウンロードには以下のフォームを記入してください