Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

ビジネスに AI を活用する企業が増えている理由

人口知能 (AI) はビジネスの成長を支援できる大きな可能性を秘めています。タスクの自動化、ビックデータの活用、経営の革新、顧客インサイトの入手を含め意思決定を促進する力を持っています。

さて、御社はいかにしてAIの導入を経営の強みに変えることができるでしょうか?

それを実現するには御社の事業のあらゆる場面でAIの活用を検討し、導入を進めることです。本章では、AIによる経営がなにを意味するか、どう取り組むべきか、そして今後直面する可能性のある課題と克服する方法を説明します。

 
 

目次

1.ビジネスにAIをどう活かすか

2.AIが導き出したインサイトを次のアクションへつなげる

3.最大効果を得るたのAI投資方法

4.最後に
 
 

1. ビジネスにAIをどう活かすか

AIといえば Appleの Siri(シリ)や Amazonの Alexa(アレクサ)などのパーソナルアシスタントを思い浮かべる人が多いと思います。これらと同様の技術を使って企業の目標達成を支援できるのでしょうか? AI を活用出来ている企業とは、常にデータを活用し、企業の成長と改善のために AI 技術を活用している会社です。

大切なポイントは、データ運用のためのインフラストラクチャが整っている他、社員がデータによる意思決定を受け入れる組織文化と新しいことに挑戦する意欲をもっていることです。

AI は、生産性の向上やエラーの最小化を実現できるため、社員の創造性を促すこと、新しい市場の開拓や社内業務の最適化まで、ビジネスの全ての場面でサポートすることができます。

レポート (WorkMarket 2020 In(Sight)report:What AI & Automation Really Mean for Work <英語資料>) によると経営者の78%は、AI によるオートメーションによって、年間360時間節約できると主張しています。

AI を使って業務を効率化しようと考えているのは会社の管理職だけではありません。従業員の53%がAIの自動化によって年間240時間を節約できると認識していることが分かっています。

それにもかかわらず、AI への投資の盛り上がりはまだ 初期段階といえます。フォレスターが行った調査 (アジア太平洋地域でAIによるデジタルトランスフォーメーションが加速<資料>) によると、アジア太平洋地域における企業は AI 機能の真のポテンシャルにまだ気づいていません。調査に回答した企業の大半がセキュリティーやデータプライバシー分野など を強化するために AI を活用している一方、顧客との関係を向上させる目的で AI を活用している企業は非常に少ないのが現状です。

自社のコミュニケーションチャネルを通じて顧客のニーズを把握する方法を改善するために、AI に投資している企業は51%でした。また、データ活用のための AI アプリケーションを構築し、そこから導きだしたインサイトを次のアクションに活かしていると回答した企業は49%だけです。 これは、多くの企業が大きな機会を見逃していることを示しています。

2. AIが導き出したインサイトを次のアクションへつなげる

AI を活用できる企業になるためにどこから手を付ければいいでしょう?まずはデータがどのように管理されているかその確認からはじまります。

最初に、御社の保有するデータがきちんと管理されており、簡単な操作で利用できるかを確認します。これまで様々な企業を支援してきた経験から、多くの企業が課題と感じているのは、異なるフォーマットのデータソースをどのように一元化するか、会社が保有する大量なデータを処理するためにはどのような技術を採用するべきかを判断できていないことです。

そこで提案したいのが詳細なデータ戦略の策定です。データが多いほど、AI の学習精度が高まります。それには高品質なデータを大量に入手することが重要です。これができれば、実用的な価値の高いインサイトをより早く取得することができます。

その後、現在利用可能な技術に関する情報を収集します。その際に注意するのは、その技術の導入が、自社の業務をどのように効率化するのか、将来的な課題にも対応できるものなのかを短期的、長期的視点から検証します。

また、課題を理解して、それを解決できる技術を知るべきです。より高い ROI の達成、ブランドロイヤルティの向上、などそれぞれの課題に適した技術やソリューションが存在します。

1 つの例として、顧客の保有するデバイスを横断したマーケティングのやり方を改善することで、様々なタッチポイントで顧客にリーチし、彼らのカスタマージャーニーをコントロールすることを目標にできます。企業はビジネスの目標と、それらを達成するために AI をどう使うべきかを知る必要があります。

こうした作業を進める上で企業文化を変える必要性が出てくるかもしれません。企業リーダーには社員のマインドセットの変革に取り組むことも重要なポイントです。歴史的に多くの企業での重要的な決定は直感に基づいています。意思決定が計測中心かつ結果中心で行われてきた企業は、マネジメントレベルから「データ中心の文化」を導入することが重要です。

新たなタスク取り組む際にはオープンマインドで取り組み、失敗を尊重する社内の雰囲気を作ることが成功の鍵になります。特定の AI モデルやアプローチを実施し、期待されていた結果を得られない場合、理由はいくつも考えられます。AI モデルが、実際のビジネス課題を考慮していなかったり、モデルを学習させる際に必要なデータを入手できていないということが想定されます。企業は失敗から学習して次の課題解決につなげられる、柔軟なチームを持つことが非常に大切です。

最後に挙げた点だけでも、運営方法の変更を受け入れることができない多くの企業にとってはかなり難しい課題となります。

3. 最大効果を得るたの
AI投資方法

AI で利益を最適化するために、ビジネス成長が期待できる分野にAIの投資を集中するべきです。 AI を活用することで、顧客と業務に関するインサイトを獲得し、それをもとに様々な場面で最適化が可能になります。デジタル変革を加速するには、大規模データベースとAIプラットフォームを優先的に導入するる必要があります。チームに AI エキスパートとデータサイエンティストがいない場合、ソリューションと豊富な経験を踏まえたコンサルティングを提供できるパートナーとの連携をお薦めします。

データ分析の専門家は、AI が処理した結果をビジネスの責任者がわかりやすい言葉に翻訳して伝える必要があります。彼らはコンプライアンスから顧客ライフサイクルの予測分析まで、ビジネスで AI がもたらすメリットを正確に伝え、業務の細部にAIが織り込まれるような環境を作る役割を果たします。これにより企業のデジタル変革の主導権を握ることができます。

4. 最後に

AI の導入は、御社にとって難しい提案に見えるかもしれません。AI を事業の中心に置くと言われたら社内に混乱が生じる可能性がありますが AI の導入には多くの利点があります。なぜなら AI を採用することはビジネスにとって不可欠であり、企業の競争力をさらに強化します。企業のリーダーは、これまで以上にAI導入を真剣に検討すべきです。

御社ではビジネスに AI を活用していますか?
御社の AI 活用状況を、AppierのAiQ診断テストで診断してみませんか?

お困りですか?

御社のマーケティング施策を改善できるAI搭載のツールがあります

こちらもぜひご覧ください

購入後の顧客エンゲージメントこそ大切

Eコマース企業における平均収益の40%はリピーターからもたらされます。そのため、商品を購入してもらったあとの顧客エンゲージメントが重要になります。既存顧客とのエンゲージメントを高めていくことで、ロイヤルカスタマーへと成長させていくことこそ、企業の存続に不可欠なのです(英語資料)。 ここでは商品購入後の顧客エンゲージメントの強化を実現するための、5つのポイントをご紹介します。   1. 配

How Appier Fights Ad Fraud with Artificial Intelligence_image

AIでアドフラウドを撃退

アドフラウド(広告詐欺)はデジタル広告業界にとって多額の被害を与えています。 Appierの最高技術責任者(CTO)のジョー・スーは、Appierが実施した、AIによるアドフラウド検出、対策に関してブログ(英語)にまとめました。このインフォグラフィックスはApppierのアドフラウドレポートを画像で表現しました。レポートはこちらから入手できます。

ポストパンデミックに向けて準備を進めるアジアの企業

新型コロナ感染症によるパンデミックは我々の日常生活を根本的に変えました。世界中で実施されたロックダウンやソーシャルディスタンス対策の影響は現在でもなお消費者の行動に影響を与えており、その一部は、パンデミック後にも後遺症として残り続けると予想されます。 特に経済、雇用、財政面にいたっては、消費者の好みに明らかな変化が生じました。 消費者は必需品を優先し、贅沢な支出を控えています。 マッキンゼーの調査