Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

【マーケティング用語集】コンテキストターゲティング

コンテキストターゲティングが再注目されはじめ、デジタル顧客を検索し、リーチするために企業による利用が加速しています。調査によれば、グローバルのコンテキスト広告市場は2025年までにUS$1,662億に達すると見込まれています。ここではコンテキストターゲティングとは何か、なぜ重要なのか、そして実施によって広告負担がどう改善されるかについて紹介します。

 

コンテキストターゲティングとは

コンテキストターゲティングとは、最も適切なコンテキストに広告を表示する施策です。例えば、ファッションウェブサイトに化粧品の広告を入れたり、健康と運動のブログにランニングシューズの広告を入れたりします。

コンテキスト広告は決して新しいコンセプトではありません。実際のところ、テレビや印刷業界では長年使われてきました。しかし、現在は主にプライバシーに対するデマンドの高まり、GDPR(EUの一般データ保護規則)やGoogleのサードパーティーCookie破棄の影響を受け、オンラインで復活しました。

コンテキストターゲティングにはいくつかの種類があります。カテゴリ、キーワード、セマンティックです。カテゴリは既定のカテゴリに属するページに広告を配置し、キーワードは特定のキーワードとマッチングさせ、一方、セマンティックはこの中でも最も先進的な手法で、ページの意味を考慮に入れます。

 

コンテキストターゲティングと行動ターゲティングの違い

コンテキストターゲティングはキーワード、トピック、場所および分類をマッチングして広告を配置します。一方、行動ターゲティングでは、訪問ページ、検索、または購入製品などの類似した閲覧パターンを持つ顧客グループに広告を表示します。

スキーを例として挙げます。行動ターゲティングは最近スキー板を購入し、日本のスキーリゾートについてのウェブサイトを閲覧したユーザーをグループ化します。このグループのユーザーがオンラインの時に冬向けの服やスキーゴーグルの広告を提示します。

一方、コンテキストターゲティングを使用すると、ウェブサイトに訪問した全員に、スキーと関係のあるウェブサイトやブログを訪問した全員に一律に、冬向けの服やスキーウェアの広告を表示します。広告は単にウェブサイトのコンテンツとの関連性に基づいて配置されます。

 

コンテキストターゲティングのメリット

コンテキストターゲティングは企業と広告主に複数のメリットをもたらします。

関連性が高い

コンテキストターゲティングのメリットの1つは、顧客が目にする広告は常に閲覧している内容と関連性が高いことです。関連があるため広告に対してプラスの反応をする可能性が高く、コンバージョンや購入につながる可能性が高くなります。

広告疲れを防ぐ 

別の場所で何回も同じ広告を見せられると、広告疲れに陥るかもしれません。特にオンラインでの作業中に邪魔されると、その可能性は顕著になります。コンテキストターゲティング広告は関連性が高いコンテンツのページにのみ表示されるのでインプレッションが減り、広告疲れが発生するリスクは低いです。

プライバシーフレンドリー

CookieやHTTPリクエストを使って人のオンライン行動をトラッキングする行動ターゲティングと違って、コンテキストターゲティングはユーザーを匿名のままにします。キーワードやトピックなどのウェブページのコンテンツだけを利用し、適切に広告を配置します。この取り組みは、今日の新しいプライバシー規則および変更の標準に合います。

ブランドセーフティを向上 

すべてのマーケターはブランドセーフティを気にしており、コンテキストターゲティングはそのリスクを減少できます。ページの内容をより正確に把握することにより、センシティブだったり不適切で、ブランドイメージにダメージを与えかねないコンテンツと並んで表示される可能性は低くなります。

 

コンテキストターゲティングの仕組み

コンテキストターゲティングを3つのステップで説明します。

ステップ1:キーワードまたはトピックを選択

キーワードとトピックは広告が置かれるコンテンツの種類を決めます。広告はこれらのキーワードまたはトピックのウェブサイトにのみ表示されます。

例えば、コーヒーマシンの広告を出す場合、キーワードはおそらく「コーヒーマシン」、「キッチン家電」と「台所用品」になりそうです。トピックだけを使用する場合は「コーヒー」と「キッチン」を選択するかもしれません。

 

ステップ2:広告プラットフォームが見込みのある配置を解析

クローラーを使用して見込みのあるウェブサイトとページのコンテンツを分析することで、広告プラットフォームはキーワードとトピックとの関連性が最も高いウェブサイトを決定し、それぞれに分類します。

今日のAI主導広告プラットフォームの多くは、キーワードとトピック以上に働きます。自動言語処理とディープラーニングのアルゴリズムを使用すると、テキスト、語調、構成、画像、リンク、メタデータおよび場所などのコンテキストコンテンツを分析して、より正確でブランドセーフティに配慮した配置をするために、セマンティックを理解します。

 

ステップ3:広告プラットフォームが関連広告を提供

顧客がウェブページを訪問すると、ページのコンテンツが広告プラットフォームに共有されます。その内容を受信すると、プラットフォームは関連キーワードとトピックでマッチングさせ、最も適切な広告を提供します。

 

コンテキストターゲティングは顧客が見たいと考える場所に関連性が高い広告を配信することを可能にします。正しく実施すると、広告費用を減少し、クリックとコンバージョンを向上できます。最適な結果に到達するには、行動ターゲティングと併用して、顧客のジャーニーのあらゆる段階で、適切な方法でリーチすることができます。

 

* さらにコンテキストターゲティングについて読みたい場合は「プライバシー時代の今、見直されるコンテンツ連動型広告」をご覧ください。Appierのソリューションにご興味がありましたら、こちらからお問合せください。

 

お困りですか?

御社のマーケティング施策を改善できるAI搭載のツールがあります

こちらもぜひご覧ください

機械学習を使いこなすための5つの課題と対処法

Dr. Shou-De Lin Appier社 チーフマシンラーニングサイエンティスト   今日、企業が取り扱うデータ量は増加する一方で、また、データの入手サイクルも早くなっています。また、自社を取り巻く競合の状況も急速に変化しているため、迅速な意思決定を行う能力が不可欠です。 Jason JenningsとLaurence Haughtonが言うように、「大企業が小企業を制するのではな

AIマーケティングを開始するための6つの簡単な方法

人工知能(AI)はもはや「将来の大きなテーマ」ではなく、すでにデジタルマーケティングで採用されているメインストリームな技術です。スタートアップ企業から大企業まで多くの企業が、キャンペーン戦略や意思決定を強化するためにAI搭載のデジタルマーケティングツールを活用しています。最近のレポートによるとマーケティング担当者の51%がすでにAIを使用しており、27%が積極的にAIをデジタルマーケティング戦略に

プライバシー時代の今、見直されるコンテンツ連動型広告

コンテンツ連動型広告が見直されており、Business Wireのレポートによると、世界のコンテンツ連動型広告市場は2025年までに2,792億米ドルに成長すると予想されています(英語資料)。 見直されている理由として、主にヨーロッパの一般データ保護規則(GDPR)やGoogleによるサードパーティCookieの破棄などが影響しています。つまり、広告主とアドネットワーク企業は、複数のサイトでユーザ