Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

保険業界にデジタルトランスフォーメーションをもたらす4つのAI導入事例

Bain & Companyの最近のレポート(英語資料)によると、アジア太平洋地域(APAC)における保険会社のビジネスは急速に伸びており、デジタル技術を活用することで画期的なサービスや商品を提供する新規参入企業が増えています。競争が激化し、新しい競合が市場に参入するにつれ、既存の保険会社は競争力を維持できるよう、人工知能(AI)搭載のツールを導入し始めています。

APAC地域は世界で最も保険サービスが成長している市場です(英語資料)。このブームを作り出した要因が2つあります。拡大しつづける中流階級と、中国やインド市場への参入障壁の消滅です。

同時にデジタル技術による新しいサービスが創出され、顧客が保険サービスをデジタルでアクセスすることが当たり前になり、オンラインで様々なポリシーの比較やパーソナライズされたサービスや商品を体験できるようになりました。

保険会社は市場での競争力を維持するために、高度な分析、機械学習、他のAI搭載のツールを活用し、新規顧客の体験の質を改善しています。PwCの調査によると、保険会社のCEOの80%は、AIを彼らのビジネスモデルの一部に導入しているか、または3年以内に導入する予定であること述べています(英語資料)。

保険会社が、AIの導入によって顧客エンゲージメント、詐欺対策、事業プロセスの合理化を向上できるであろう4つの分野をご説明します。

 

1. 偽造書類の検知 & 与信の分析

 

シンガポールの損害保険協会の統計によると、保険業界で5件に1件の保険申請が偽か、誇張された情報が記載されています。これにより毎年約1億4000万シンガポールドル(1億100万米ドル)の損失を与えています(英語資料)。

申請偽造を予防するため、保険会社はAI搭載の予測分析ソフトウェアを駆使し何千件もの申請を処理しています。設定された条件や指標に基づいて、AIが1000分の1秒に等しい時間で情報を処理し、正当な申請かどうか判定し、偽造の申請数を減らします。これらの指標は、申請の頻度、過去の行動や信用スコアなどが含まれています。

機械学習を駆使することで、中国の保険会社Ping An社は1年に3億200万米ドルに達する偽造された申請を処理せずに済みました(英語資料)。また昨年に比べて偽造検知の精度が57%向上しました。

 

2. 顧客プロファイリング & セグメンテーション

 

データ収集プロセスで、コグニティブラーニング(人間のように、自ら理解・推論・学習するシステム)を自動化、そして応用することで、シンガポールのAIA (英語資料)など先進的な考えを持つ企業は、顧客のプロファイリング機能を向上させています。

保険会社は、内部および外部の顧客データを統合およびインサイトを抽出する技術を備えており、より効果的なターゲティングのために、保険のニーズ、関心、ライフステージなど、顧客のより包括的な全体像を構築することができます。 保険会社はこれらの属性に基づいてオーディエンスをセグメント化し、ディープラーニングを使用してこれらのセグメントのコンバージョン率を予測できます。 このようなインサイトにより、保険会社は各顧客セグメントに関連した勧めるべき保険商品を決定することができます。

その他にも保険会社は、AI対応の音声および顔認識を利用して顧客プロファイリングを強化しています。これにより、迅速かつ正確な検証のための顧客プロファイルの作成、および行動と属性の追跡が可能になります。

 

3. 保険商品 & ポリシー設計

 

他の分野の保険会社は、商品とポリシーの紹介にAIを活用しています。

保険会社は自社のコミュニケーションチャネル、サードパーティー、代理店などから膨大なデータの収集し、機械学習を活用することでトレンドや顧客の興味・関心をリアルタイムで把握することができます。これらのインサイトは商品の開発、ポリシー設計の改善のために使用することができます。

オンラインでのみサービスを提供している中国の保険会社ZhongAn(英語資料)は、革新的な商品とポリシーを継続的に開発・提供しています。その多くは、機械学習や画像認識などの高度なAI技術により開発されています。 例えば、彼らはひびの入ったモバイル画面や返品の出荷を防ぐためのニッチなポリシーを考え出しました。

 

4. 引受 & 保険金請求

 

引受のプロセスは、個人の判断に基づいた芸術といわれるほど複雑で理解が難しいのですが、保険のこの分野にAI技術を活用し、プロセスをますます科学的にしています。

保険会社は、高度な分析、機械学習の他にも衛星やIoTデバイスを活用し、リスクを360度監視することからどの提出物のレビューを行うかまでを決定します。

日本の生命保険企業 であるフコク生命(英語資料)は、コグニティブ機械学習システムで診療記録と治療に関するデータと入院費をすべて分析し、料金を算出します。一方でインドの大手民間損害保険会社 ICICI Lombard社 (英語資料)は 、1分程度で処理ができる、AI搭載のキャッシュレス決済処理システムを開発しました。

不正検出から資金の引受まで、AI技術は活況を呈するAPACの保険業界のあらゆる側面を革新しています。リスクを減らし、プロセスを合理化することにより、企業が効率を高め、よりパーソナライズされた金融商品やサービスの提供を可能にします。AIが成功の鍵となるでしょう。

金融業界がAIを活用すれば、データ分析、正確な予測、より効果的なマーケティング戦略とキャンペーンの展開が可能になります。

最新のホワイトペーパー「金融業界が人工知能(AI)とデータサイエンスでマーケティングとROIを向上させる方法」をダウンロードしてその詳細をご覧ください。

お困りですか?

御社のマーケティング施策を改善できるAI搭載のツールがあります

こちらもぜひご覧ください

AIが実現する「成果の出せるパーソナライズ・マーケティング」

企業の成功の目安には収益、ブランド力、人材、そしてマーケティングが挙げられる。なかでもマーケティングの進化のスピードは早く、人工知能(AI)を活用したマーケティング手法を導入する企業も増えている。AIが得意とするパターン認識、予測分析機能に加え、AIによるマーケティングは今や精度の高いパーソナライゼーションを可能にし、キャンペーンのレベルを向上させている。 マーケティングにとってパーソナライゼーシ

顧客リエンゲージメントの向上に不可欠な高精度なターゲティング「プレシジョンマーケティング」

プレシジョンマーケティング(精密マーケティング)は企業と顧客との関連性を深く追及する手法であり、新しい考え方ではありません。しかし現在は機械学習を活用することで、マーケターが顧客エンゲージメントの質を向上できる可能性が広がっています。 これまでよりデータを活用することでマーケターは根拠に基づいた判断をくだすことができ、既存顧客を維持するだけではなく、クロスセリング、アップセリングがしやすくなってい

アプリ内広告で考慮すべきこと

世界中でダウンロードされているスマートフォンアプリの47%がアジア太平洋地域でダウンロードされています。アプリ内広告はすべての地域で増加傾向にありますが、特にアジア太平洋地域で活発であることが推測されます。 Absolute Market Insightsのレポートによると、世界のアプリ内広告市場は2018年に66.78億米ドルに達し、2027年までに472.64億米ドルに成長すると予想されていま