Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

Appier チーフAIサイエンティスト ミン・スン(Min Sun) による、日本経済新聞 やさしい経済学「AIの今、その先の変革」

Appier チーフAIサイエンティストであり、台湾清華大学准教授 のミン・スン(Min Sun) は、4月1日から16日まで、日本経済新聞本紙の「優しい経済学」セクションで、「AIの今、その先の変革」と題したコラムを執筆しました。
AIブームの流れから、我々の周りで利用が広がる実装の状況、日本、米国、新興国における課題や期待について、そして最後には、AIと人間とが共生する将来の姿を説明しました。
注)各コラムの全文を読むには、無料登録が必要になる場合があります。

お困りですか?

御社のマーケティング施策を改善できるAI搭載のツールがあります

こちらもぜひご覧ください

顧客の意図に基づくターゲティングがコンバージョン向上につながる理由

従来の顧客開拓の方法は、消費者が取った行動に対して企業はそれに合わせてメッセージを送信します。この手法はある程度の効果をもたらしますが、今日の消費者のオンライン上での複雑な行動を考慮するには単純すぎます。 事実、消費者の行動は未来に何をするかまでは教えてくれません。企業がこれだけの情報でパーソナライズされたマーケティングはできません。しかし多くの企業がいまだこの方法をとっており、結果として低いエン

AI搭載のジャーニーマップが担う、オンライン体験の未来

ジャーニーマップを利用して顧客体験をより良くすることの実効性は、ますます知られています。データと人工知能 (AI) を活用することで、顧客のジャーニーをより正確に把握し、その過程における様々なタッチポイントでのオンライン体験を、より素晴らしいものに昇華することができます。 ジャーニーマップを作成することで初めて、顧客が御社とどうかかわっているのかが見えてきます。顧客のジャーニーマップとは、顧客と御

ディープラーニングで、高LTVのアプリユーザーを獲得

アプリのダウンロード数は増加し続ける一方、アプリからの離脱(英語資料)や、悪質ボットによる偽アトリビューション等のフラウド行為は、ROIを下げ、企業の成長を妨げているのが現状です。 そのためアプリのインストール数は、もはやマーケターが重視する利益率の指標とは言えません。一方で顧客のアプリ内課金や顧客生涯価値 (LTV) を重視する傾向が高くなっています。 App Annieの調査によると、世界のモ