Go Back

GMOメディア、AppierのAIリコメンデーション機能により「ポイントタウン」のカスタマージャーニーを大幅に効率化

ユーザーの好みに合わせたポイ活先をAIが提案
パーソナライズ施策で広告主サイトへのユーザー誘導数*が25倍

GMOメディア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 輝幸、以下GMOメディア)は、AIxSaaSのAppier(エイピア、代表取締役兼CEO:チハン・ユー、以下Appier)が提供するAI搭載カスタマーエンゲージメントプラットフォーム「AIQUA(アイコア)」( https://www.appier.com/ja/aiqua-customer-engagement-platform/)の活用で、顧客エンゲージメントを大幅に改善しました。
*2020年12月‐2021年5月までの平均値

GMOメディアのポイントタウンは、「お得に毎日を楽しみたい」ユーザー向けに、1999年12月にスタートしたポイントサイトです。ゲームやアンケートへの回答など、ユーザーのアクションによって無料でポイントを貯めることができ、貯めたポイントは30種類以上のサービスのほか、現金、電子マネー、ギフト券とも交換可能です。(会員数190万人。スマートフォンアプリのダウンロード累計数209万件。2021年5月現在)

ポイントタウンをはじめとするポイントサイトは一般的に「お小遣いサイト」とも呼ばれ、すきま時間でのお小遣い稼ぎや副業として親しまれ、節約好きな主婦層などに人気のサービスです。GMOメディアポイントタウンは、会員登録後の広告主サイトへの誘導や、広告主サイトでの買い物などのアクションを促進することを目的としていましたが、以下のような課題を抱えていました。

≪ポイントタウンの課題≫
課題① 顧客エンゲージメントの改善:ポイントタウン会員登録後にポイント獲得アクションに至らず、離脱してしまうユーザー数を低減したい。

課題② ユーザーのコンテンツサーチの効率化:ユーザーが、最適なコンテンツを見つけたり、実際のアクション(購買、申し込み)を起こすまでのプロセスを短縮したい。

≪AI搭載カスタマーエンゲージメントプラットフォーム「AIQUA(アイコア)」が課題解決に大きく貢献≫

解決① 「AIQUA」のカスタマージャーニーマップ機能を活用
ポイントタウンアプリをインストールした新規ユーザーに対し、ユーザーがアクセスしやすい案件を自動的に紹介するメッセージを複数回にわたって配信。ユーザーにポイント獲得を促進。

解決② 「AIQUA」のAIレコメンデーション機能による各ユーザーに合わせたコンテンツの表示
ユーザーの閲覧履歴から、AIによるパーソナライズされたコンテンツを配信。通常のサイト内の既存枠より費用対効果の高い誘導数を獲得。レコメンデーション機能によって、ユーザーごとに最適かつ魅力的なインセンティブおよびキャンペーンを紹介することで、コンバージョンが大きく向上。

≪結果≫
ユーザー閲覧履歴を基にした「閲覧履歴からのおすすめ」で、GMOメディアポイントタウンサイトから広告主サイトへの誘導数*が14倍向上。また、回遊履歴を基にした「あなたへのおすすめ」で、同誘導数*が25倍向上。 *2020年12月‐2021年5月までの平均値

GMOメディアのメディア事業部ポイントメディアグループ、永田 有里恵氏
「AppierのAIテクノロジーは、当社のウェブサイトの顧客体験を向上させ、ユーザーとのより良質な関係構築を実現してくれました。加えて、Appierのレコメンデーション機能により、広告主の皆様のサイトへの誘導を効率的に加速させることができ、嬉しく思っています。 コロナ禍において、今後もめまぐるしく変化する昨今の消費者行動にタイムリーに対応すべく、また多くのマーケティング機会の発掘に向けて、今後も革新的なテクノロジーの採用を積極的に取り入れていきたいと考えています」と述べています。

Appierは、人工知能(AI)を活用し、デジタルマーケティングを強化するSaaS企業です。「誰でも簡単に使えるAI」をビジョンに掲げ2012年に設立されたAppierは、アジア太平洋、米国、欧州に17の拠点を有し、東京証券取引所に上場しています<取引コード4180>