Go Back

AppierのCEOが明かす、今後3年で急速に変わる『会話型マーケティング』

AIxSaaS企業のAppier Group株式会社(証券コード:4180、以下 Appier)は本日、デジタルマーケティング領域におけるAppierの今後の展望と会話型マーケティングのハイライトについて、ポッドキャスト番組「IDCビデオポッドキャスト(日本語字幕)」で発表しました。こちらのポッドキャストは日本語と英語で視聴ができます。

Appierの最高経営責任者(CEO)兼共同創業者のチハン・ユー博士は、IDCのアジア太平洋地域のAVP、クリス・マーシャル氏がホストを務めるポッドキャストに出演し、AIがデータ主導型で行うマーケティング活動の変革をどのように早め、会話型マーケティングが将来のマーテックでいかに重要な役割を果たすようになるかなど、ユー博士のインサイトを語りました。また、ユー博士は、2012年にAppierを創業して以来、AIがデジタルマーケティングの世界をどのように変えてきたか、AIの何が発展してきたかなどについて説明しています。このパンデミックが人々の生活を根本的に変え、多くの活動がオンラインに移行している中、急速に進むデータ蓄積を背景にデータ統合が急務であることも解説しています。

IDCの調査によると、2023年までにアジア太平洋地域の企業の80%が、未来の企業像を追求して行く上で、物理的な空間や資産をデジタルエクスペリエンスに拡大すべく、デジタルツールへの投資を優先することが予測されています。

 

ソーシャルメディアで行う顧客エンゲージメントで、顧客開拓の時代へ

近年ソーシャルメディアは、企業にとって、顧客エンゲージメント、広告、販売を行うための重要なスペースとなっています。若い世代がチャットボットやインスタントメッセージで企業と交流することが当たり前になりつつある中、企業がカスタマージャーニーを把握することだけでは不十分であり、リアルタイムで顧客と会話や交流を行い、ユーザーのモチベーションをその場で判別し、次のステップを予測することが必要であると、Appierは考えています。

Appierは、2021年に会話型マーケティングソリューション「BotBonnie」をAppierのフルファネル・AIマーケティング製品群に追加して以来、企業がカスタマージャーニーのあらゆる面に対し「ワンストップ」で取り組めるよう、高度なAI技術を用いることで一層強化しています。Appierは、AIやデータ分析の専門知識を会話型コマースと組み合わせて、企業がユーザーのプロフィールを包括的に理解できるよう、また、データのインサイトを用いてユーザーと直接対話ができるよう支援することを可能にしています。

このような統合的なソリューションにより、企業は、デジタル化と会話型マーケティングが本格化する中で、明確な優位性を持つことが可能になります。このポッドキャストの中で、ユー博士は、ユーザーを総合的に理解すること、そして、会話型マーケティングを通じて同社が目指すものを明らかにしています。

​​

会話の先にあるもの:Appierによる会話型マーケティングの展望と未来

AIの技術革新が進み、会話型マーケティングの応用範囲が広がることで、人々は将来的にチャットボットとごく自然に会話ができるようになると、Appierは考えています。

ユー博士は、「まるで友達にアドバイスを求めるかのように、何でも聞きたいことをタイプするだけで、チャットボットがごく自然に情報を提供してくれるようになります」と述べています。

Appierの描くビジョンの中で、企業やEコマースは、もはや商品を売るための場所とはみなされなくなります。企業は顧客のニーズをより早い段階で理解することが可能となり、顧客は購買意欲を駆り立てられる前に、より多くの情報を得ることができるようになります。

「いわゆるお問い合わせのプロがいて、自然な顧客との交流があるショッピング体験が、コンサルティング体験と融合するという、非常に興味深い現象が起きるでしょう。それが、私たちが想像している未来なのです」とユー博士は締めくくりました。

「IDCビデオポッドキャスト」は、以下のFacebookやYouTubeチャンネルでもご視聴いただけます。
Youtube (日本語字幕)
Facebook(日本語)