戻る

Appier (エイピア) 売上収益、営業利益ともに過去最高の第3四半期決算を発表

利益を伴った成長、好調な業績、加速する事業の勢いで、通期業績予想を上方修正へ

Appier Group 株式会社 ( 本社:東京都港区、代表取締役CEO:チハン・ユー、証券コード:4180、以下 Appier )は本日、2023年度第3四半期の決算を発表いたしました。第2四半期に引き続き、主要な財務指標が大きく伸び、売上収益・営業利益ともに通期予想を上回りました。また、過去3四半期の業績上振れを反映して、通期業績予想を上方修正いたしました。


2023年度第3四半期の主な業績ハイライト

  • 売上収益は前年同期比39%増、過去最高の71億円
  • 売上総利益は前年同期比38%増、過去最高の37億円、売上総利益率は52.6%に上昇
  • 営業利益は前年同期比60倍超の3億1,400万円、営業利益率も過去最高の4.4%
  • 米国およびEMEA地域での売上収益は前年同期比で117%、売上構成比は、前年同期比の13%から20%を占めるまでに成長
  • 通期予想は売上収益を255億円から262億円、売上成長率を31%から35%、営業利益は5億4,000万円から32%増の7億円へ、営業利益率を2.1%から2.7%に上方修正

    当四半期の売上収益は、前年同期比39%増の71億円と過去最高を更新し、営業利益は前年同期比で60倍超に拡大しました。売上総利益率は52.6%で営業利益率も過去最高の4.4%と力強い成長となりました。主な要因として、継続した研究開発と技術革新により、市場の地域的拡大が順調に進んでいることにあります。これは持続可能かつ収益性の高い事業に対する、当社の揺るぎないコミットメントをお示ししています。今後とも大切な顧客企業へ、当社独自の技術と製品ソリューションを掛け合わせた相乗効果をご提供してまいります。  

北東アジア (日本・韓国) 、米国およびEMEA市場で、強い顧客ニーズと引き合い

主要市場である北東アジア、米国およびEMEA地域も、当四半期で力強く成長しています。特に、米国およびEMEAは前年同期比117%増の売上収益で、収益全体に占める割合は、前年の13%から20%に急増し、目覚ましい成長となりました。北東アジア地域(売上構成比:63%)は、前年比約40%の増収と堅調な成長を維持しており、多岐にわたる業種で当社製品の導入が進んでいます。

成長の加速と増益見込みにより、通期業績予想を上方修正

過去3四半期の利益を伴った成長、好調な業績、加速する事業の勢いにより、通期業績予想を上方修正しました。売上収益予想は262億円、前年比売上成長率は31%から35%へ大幅に引上げ、営業利益は5億4,000万円から32%増の7億円、営業利益率2.1%から2.7%に修正しました。 


Appier の最高経営責任者(CEO)兼共同創業者のチハン・ユー

「当四半期の業績拡大の背景には、当社製品の堅牢性と独自性があると考えられます。Appierでは、投資対効果の高い製品を継続して顧客企業に提供しており、当社独自の技術により、独特の市場ポジションを築いています。これは、様々な業種や地域のマーケティング領域における当社の優位性を支え、唯一無二の価値を顧客企業に提供することを可能にしています」と述べています。


独自の技術で競争優位性を高める

当社は生成AIの自動コンテンツ作成機能と、意思決定に関わるAIの予測・評価機能をシームレスに統合した画期的な製品を発表し、データ主導マーケティングの在り方を再構築しています。企業は次世代UIとして当社独自のAI技術を活用し、ROIを向上させています。また、生成AIによって高い生産性を引き出し、意思決定に関わるAIを通じて、価値あるビジネスインサイトを獲得しており、基礎から高度な段階に至るまで、要件に応じて即時適応できるため、様々なパフォーマンスを改善しています。当社のAIへの揺るぎないコミットメントは、ROI、生産性、パーソナライゼーションを向上させるAIが、現代のマーケティング活動の要だと考えているからです。

当社のCrossX (クロスエックス)AIQUA (アイコア) は、独自のAI技術によってROIの高いコンテンツを自動生成し、ダイナミックなクリエイティブ背景と説得力のあるマーケティングメッセージの制作を実現しています。CrossXは顧客体験をより向上させるため、生成AIと意思決定に関わるAIで大規模にパーソナライズされた画像を生成し、ユーザーの興味・関心を拡張しています。AIQUAの直感的なユーザー・ジャーニー・コパイロット機能は、個々のマーケティング要件に合わせた効果的なジャーニー・テンプレートを簡単にカスタマイズすることができます。各ユーザーに合わせたレコメンデーションと顧客体験を提供することは、企業の顧客エンゲージメントを強化するためにAppierが取り組みを強化していることの一つです。Appierは、「一人ひとり」に的確なレコメンデーションと顧客体験をお届けするため、日々製品の改良を続けています。

Appier (エイピア)  について
2012年創業。「誰もが簡単に使えるAIの普及と実用化」を推進し、AI顧客分析等で企業のセールス・マーケティングをトータルで支援。現在、アジア太平洋地域、欧州、米国に17拠点を置き、AIでデータの価値を最大化して、あらゆる分野の企業が、正確かつ迅速に先見的な意思決定をする未来の創造に取り組む。東京証券取引プライム市場(証券コード:4180)IR情報 https://www.appier.com/ja-jp/investor-relations-hom

こちらもぜひご覧ください

[BlogPost 162097859098 Appier (エイピア) LINEマーケティングにAIソリューション提供開始, BlogPost 161538997559 Appier (エイピア) 「日経500種平均株価」の構成銘柄に選定, BlogPost 159436968632 Appier (エイピア) 熾烈を極めるベトナムのマルチサービスアプリBe Groupに、AIソリューション提供開始]

Zenyum_Newsroom-4

Appier (エイピア) LINEマーケティングにAIソリューション提供開始

0526_201 (1) (1)

Appier (エイピア) 「日経500種平均株価」の構成銘柄に選定

be group_Newsroom

Appier (エイピア) 熾烈を極めるベトナムのマルチサービスアプリBe Groupに、AIソリューション提供開始