導入事例
デバイスを横断して会員プログラムの獲得を増やす
タージ・ホテルズのマーケティングチームは、優良顧客のロイヤルティプログラムに対する認知を向上させて、より部屋を予約しやすくなるサービスの会員数を増やすという課題を抱えていました。
結果
クロスデバイスキャンペーンによりパフォーマンスが向上

クロスデバイスCTR:シングルデバイス比10%アップ

会員登録数:目標比113%

クリック数:目標比146%

CPC: 目標比6%削減

ストーリー
国際的なアジアのホテルグループ

インド有数の高級ホテルグループとして、タージ・ホテルズはインド国内の62ヵ所に100軒のホテルを所有し、洗練されたサービスを提供しています。インドのホスピタリティーの象徴として、世界的に有名なタージ・ホテルズグループは、モルディブ、マレーシア、イギリス、アメリカ、ブータン、スリランカ、アフリカ、中東に15軒のホテルを提供しています。

目標
費用対効果の高いターゲットユーザーをデバイスを横断して発見する

タージ・ホテルズは、CPCを最適化することにより、コストダウンを実現しながら、優良顧客に対して複数デバイスを横断してリーチするという目標を持っていました。

ソリューション
最適なオーディエンスをデバイスを横断して発見する

Appierは、まず最もタージ・ホテルズのウェブサイトを利用しそうな2つのグループについてターゲティングを行ないました。グループ Aは、頻繁に旅行をする/収入レベルが高い/Cレベル以上のグループ。グループBは、 ウェブサイトを訪問した経験のあるグループでした。

次に、グループAとBへのリーチ数を拡大するために、CrossX ルックアライク機能を利用して 、予約する可能性が高いユーザーと似ているユーザーを発見することで、潜在的な顧客のリストを拡大しました。

そうしながら、CrossXリマーケティングとCrossXのフリークエンシーキャップ機能を利用して、ウェブサイトを訪問したユーザーにリマーケティングを行ないました。

キャンペーンインサイト

AIが最も価値の高いユーザーを識別し、アクションを起こす可能性が最も高いデバイスからリーチする事により、クロスデバイスキャンペーンのCTRはシングルデバイスよりも10%高くなりました。

スマートフォン/タブレットとPC/タブレットでリーチした場合のCTRは、他のクロスデバイスユーザーグループよりも最大で33%高い結果となりました。認知度を向上させる場合には、タブレットはカスタマージャーニーおける重要なチャネルであることがわかりました。

会員登録の場合では、PCはクロススデバイスユーザーの中でスマートフォンよりも大きな役割を果たしました。トップコンバージョンパスは、PCではじめに広告をクリックをした後に、スマートフォンとPCで情報収集をして、最終的にPCで登録を済ませました。