導入事例
デバイスを横断したアプローチでオンラインの予約を促進
香港エクスプレス航空のマーケティングチームは、Appierを導入することで、競争の激しいアジアマーケットにおいて、CPAを削減しながらオンラインの予約数を増加させることを目標としていました。
結果
クロスデバイスキャンペーンのパフォーマンスは高い

CPA目標比 89%

新しいターゲットの発見により、キャンペーン開始から3週間以内に目標を達成

目標予算に対して半分でこのパフォーマンスを達成

ストーリー
香港発、急成長中の航空会社

香港エクスプレス航空は、アジアの28の目的地に、お手頃な価格で品質の高いサービスを提供しています。2016年には、AirlineRatings.comの世界で最も良いLCC航空会社の1つに選ばれました。

目標
全てのデバイスでオーディエンスを発見してアプローチする

競争の激しいLCC航空会社では、低い価格設定により消費者のロイヤリティーを獲得するため、コストの管理は非常に重要な問題です。

香港エクスプレスは、Appierの導入により、デバイスを横断してユーザーにリーチすることでプロモーションの認知度を向上させ、CPAを削減しながら予約数を増加させることを目標としていました。

ソリューション
コスト効率の高いクロスデバイスオーディエンスを構築

CrossX AIにより、旅行に興味があり、近い将来に旅行を計画しているユーザーが所有するすべてのデバイスを特定

香港エクスプレス航空のウェブサイトを初めて訪れたユーザーに対して、CrossXリマーケティングで、同一ユーザーのスマートフォンやタブレットに航空券関連の広告を配信

近い将来に旅行を検討する可能性のある類似ユーザーを探すために、CrossX ルックアライク機能を使用

ユーザービヘイビア

火曜日の予約数が最も多く、CPAは最も低い

平日の予約数は休日と比較して高い

女性ユーザーのコンバージョン率は男性と比較して41%高い

女性ユーザーのCPAは男性と比較して42%低い

クロスデバイスインサイト

クロスデバイスのクリック率はシングルデバイスよりも44%高い

クロスデバイスユーザーは広告を平均2回クリックした後にフライトを予約

PCからの予約が最も多く、次いでスマートフォン、タブレットの順

ほとんどのクロスデバイスユーザーは、スマートフォンやPCで最初にサイトを訪れてもPCで予約を完了