ストーリー
世界的な高級車メーカー
創業100年を超えるドイツの高級車メーカーであるアウディは、自動車の製造、エンジンの製造、自動車レースなどの分野で貢献しています。
結果
クロススクリーンのパフォーマンスは高い

クロススクリーンのクリック率は、シングルスクリーンと比較して34%高い結果となりました。クロススクリーンパスのクリック率が高いことは、Audiにとって適切なユーザーに適切なタイミングでリーチ出来た事を証明しています。

AppierのCrossX AIで発見したクロススクリーンユーザーのコンバージョン率は、シングルスクリーンユーザーよりも23〜48%高いと証明されました。

目標
すべてのスクリーンにわたりオーディエンスを構築してアプローチ

アウディのマーケティングチームは、アウディA4サステインに興味がある高所得層にリーチして、試乗に誘導したいという課題を抱えていました。さらに、デバイスを横断したアプローチでコストパーリード(CPL)を最適化しながら、できるだけ多くの見込み客リストを獲得することを目標としていました。

ソリューション
AppierのCrossX プログラマティックプラットフォームを使用してコスト効率の高いクロススクリーンオーディエンスを構築

アウディは、Appierの配信強化機能を実装し、効果の高いユーザーグループへのリーチを広げるために、 AIが選んだ、30歳を超えるユーザー、高級車に関する情報を閲覧したユーザーに対して、より多くの広告を配信しました。

AppierのCrossX AIによって、同じユーザーが所有するすべてのデバイスを識別しました。

AppierのCrossX フリークエンシーキャップを実装して、ユーザーが試乗に申し込む際に、最も使用される可能性が高いデバイスにより多く広告を配信しました。

オーディエンス・インサイト

土曜日は最もコンバージョン率が高く、最も多くのアクションが行なわれました。

インプレッションベースでは、女性よりも男性に22%多くリーチしました。 約半数 (47.5%) のユーザーは25歳-34歳でした。

ウェブサイトカテゴリ別では、キャリアのCTRが最も高く、次いでスタイル&ファッションとなりました。キャリア関係のサイトのユーザーのCVRは、スタイル&ファッションカテゴリーより120%高い結果となりました。

キャンペーン・インサイト

多くのユーザーが、アウディのウェブサイトを情報を得るためにスマートフォンから閲覧していたのに対し、連絡先情報はPC経由で残していました。

ウェブサイトの閲覧が水曜日に増えたのに対し、火曜日にPCから訪問したユーザーは、より多くコンバージョンしました。