Technical Insights: GraphQL による開発

ジョンソン・リャン, フロントエンドエンジニア, Appier

Appierでは、GraphQLを1年間使用してきました。GraphQLは、当社の主要AIプラットフォームの1つであるAixonのクライアント/サーバー間の通信に使われています。「オブジェクトフィールド」という概念やリゾルバなど、GraphQLのユニークな特性から多くのメリットを得ています。すべての入出力をホワイトリスト化する宣言型のアプローチは、プログラミングインターフェイスを構築するツールとして非常に役に立っています。

このプレゼンテーションは、GraphQLの入門的なものであり、もともとはAppier社内の他の製品チーム向けに作成されたものです。特に、これまでGraphQLを使ったことがないNode.jsおよび Python開発者を意識しています。独自のGraphQLスキーマを構築し、GraphQL APIサーバーを稼働させるために知っておくべき基本的なトピックをすべてカバーし、両プログラミング言語の簡潔なサンプルコードを紹介しています。

GraphQLの高度な概念を説明しているものは、すでにインターネット上に多くありますので、このプレゼンテーションでは、GraphQLを実行させるために必要な実際のソースコードに重点を置き、GraphQLを理解するための、より実用的な視点を紹介したいと思います。

このプレゼンテーションでは、次のようなトピックをカバーしています。
– GraphQLサーバーの基本
– APIシェイプの定義 – GraphQLスキーマ
– オブジェクトフィールドの設定
– 変異型API
– GraphQLサーバーへのリクエスト送信
– N + 1クエリ問題の解決:DataLoader

GraphQLに興味のある開発者の皆さんに役に立つ情報になれば幸いです。