Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

Appier、AIによる顧客エンゲージメント機能が オンライン展示会の顧客体験を最適化することを実証

  • 関連分類:

AIテクノロジー企業のAppier(エイピア、共同創業者/CEO:チハン・ユー、以下Appier)は、業界唯一のオンライン展示会専門会社、株式会社エボルト(本社:東京都渋谷区 代表取締役:検見崎裕、以下エボルト)が同社の展示会に顧客エンゲージメントツール「AIQUA(アイコア)」を導入により、来場者体験を最適化するとともにCTR(クリックスルーレート)20%を達成したと発表しました。

エボルトは、2020年11月4日から27日の期間でオンライン展示会「evort 3days Online Expo」を実施しました。エボルトは出展ブースへの送客や来場者エンゲージメントの最適化を目的にAppierの「AIQUA(アイコア)」を導入しました。

AppierとEvortの開発チームには、来場者ごとに適した展示ブースを「ナチュラルなサイト体験」に沿ってオファーすることで、展示ブースへの誘導バナークリック率(CTR)20%を達成、スムーズに展示会での来場者の誘導することができました。

具体的には、ブース閲覧直後や検索結果確認後といった、来場者体験の動線が途切れがちなタイミングで個別の来場者に合う展示ブースのリストをポップアップ提示することで、来場者が興味のあるブースを自然に見て回れる動線を実現しました。ブース閲覧などその時点での来場者の行動を阻害しないよう、ポップアップの表示/消去タイミングの微調整を実施しました。

AppierとEvortがこだわった「ナチュラルなサイト体験」に関して、来場者アンケートでは「多様な出展社情報をストレスなく閲覧することができた」と評価しています。

エボルトでは今回の「evort Online Expo」におけるAppierチームのきめ細かい取り組みとともにアイコアが提供する様々な機能を評価し、2021年以降の展示会でも利用することを決定しました。Appierチームはエボルトのチームと連携し、オーディエンスデータの収集・分析による集客強化の施策を検討します。

さらに、ランディングページの閲覧➡Expoへの登録➡出展者動画の閲覧までの動線設定と即時性(リアルタイム性)のあるウェブ接客の実現、およびアイコアによるオーディエンスデータ収集からキャンペーン施策までのシームレスなプロセスの構築に取り組みます。

Evort におけるAIQUA利用フローの図はこちらから

 

AIQUA(アイコア)について

AIQUA (アイコア)は、AIと企業保有のデータ、Appier独自のデータ、オンライン上の行動データを活用することでターゲットオーディエンスを理解・セグメントします。Webサイトを訪問する最適なコンテンツやオファーを提示し、機会ロスを低減させます。アイコアが高度にパーソナライズしたメッセージやオファーを、デバイスを横断して提供することで、マーケターは顧客のライフタイムバリュー(LTV)を向上させることが可能です。

 

Appier について

Appier は、AI(人工知能)テクノロジー企業として、企業や組織の事業課題を解決するためのAI プラットフォームを提供しています。詳細はhttps://www.appier.com/jp/をご覧ください。

今回のオンライン展示会でのアイコア実装にあたって、Appierでは標準的なAIQUAの機能に加え、カスタムポップアップバナーを実装しました。

PDF はこちらから

お困りですか?

御社のマーケティング施策を改善できるAI搭載のツールがあります