Appier_logo_100x100
投稿日: 2019年5月7日

商品販売キャンペーンの成功を導くAI主導のオーディエンスセグメント作成

商品発売キャンペーンとは、顧客が共感できるメッセージを作成し、商品購入を促進させることが最終的な目標です。

これを成功させるには、的確なオーディエンスを見定め、顧客の興味関心を理解をする必要があります。 人工知能(AI)を活用すれば、これら情報の詳細を分析し効果的なオーディエンスを作成できるので、潜在顧客にターゲティングすることができます。

現代のデジタル時代の顧客は、多くの広告やキャンペーンのメッセージで圧倒されています。 事実上、1ユーザーが1日に目にするブランド、広告および商品は、オンラインとオフライン合わせて、1,000以上に及ぶと推測されています。そのため、新たに販売促進したい商品との差別化のハードルがかなり高く、顧客の注目を引くには、的確なオーディエンスをターゲットとして、タイミング良く、顧客に響くメッセージを適切なチャネルで配信する必要があります。これまで行われてきた市場調査は大量な時間を費やすだけでなく遂行さえも困難で、ターゲットオーディエンスの多様性が考慮されていないケースが多いです。類似商品を購入したとしても、各顧客それぞれ異なります。

特定のセグメントを深く調査する

上記のような一般的な方法で顧客の違いを見極め、オーディエンスをセグメント化したとしても最良な方法とは言えません。そこで、AI技術が搭載されたツールを採用することで、より細かい分析をAI が実行し、マーケターの人的作業負担も軽減されます。AIは、自社の商品に興味を示した顧客が他社サイトで閲覧したものや閲覧行動のパターンを分析して、顧客が自社サイトやアプリと別に閲覧した商品を把握し、そのデータに基づき顧客の興味関心を順位付け、人気商品や個人の好みに合った商品に顧客をマッピングします。

例えば、テクノロジーを商材とする会社がスマートホームに設置する新デバイス発売する場合、AI を活用して、自社サイトやアプリで関連する商品を閲覧したセグメントを検出、また自社サイトにたどり着く前、他のサイト上でのみ興味を示した場合でも、その関心度に基づいてランキング付けしマッピングすることも可能です。さらに、スマートホームデバイスの他のどのブランドに興味を示したかなど、より深く調査します。また、このデータで競合相手を特定し他社の行動をより理解できる他、他社とのコラボレーションも可能になります。

顧客が示す興味関心は、同じように見えても実は異なる

AI搭載ツールによって、様々なオーディエンスセグメントの比較ができ、共通点や相違点を簡単に検出できます。

例えばoutdoorgear.com とsportsbuy.comの顧客は、両方 「アウトドア」 と「スポーツ」に関する事に興味をもっているでしょう。しかし、 「アウトドア」に興味がある顧客は「キャンプ」または「ロッククライミング」にも興味があり、一方で「スポーツ」に興味がある顧客はスポーツウェアやストリートファッションだけに興味がある可能性があります。このような情報が分かれば、高い精度のターゲティングが実現しより効果的なキャンペーンを展開することができます。AI が生成したセグメントから必要なインサイトを把握すれば、その情報を自社のCRMプラットフォームにアップロードし、質の高いユーザーにパーソナライズされたキャンペーンメッセージを配信できます。

オーディエンスが貴社のキャンペーンメッセージに共感すればするほど、多数あるブランドの中から貴社の商品が選ばれるチャンスが高まり、貴社のサイトやアプリの訪問と購入につながる可能性も向上します。

* Appier のAI 搭載のデータサイエンスプラットフォームAIXON(アイソン)に関する詳しい情報はこちらから。ご質問があれば、お気軽にお問合せフォームよりご連絡ください。