ニベアメン

AI主導のクロスデバイスマーケティングでオンライントラフィックと売上が増加

結果

AIでトラフィックとコンバージョンの向上を推進

ニベアは、人工知能(AI)を活用し、徐々にトラフィックの増加を達成しました。1日のインプレッション数は182%増加し、1日のクリック数は92%増加しました。その結果、クリックスルー率(CTR)は既定のKPIよりも22%高くなり、ランディング率は同社の予想を上回りました。

Appierは、ニベアに高価値のトラフィックをもたらしただけでなく、トラフィックの向上を目指したキャンペーンを通じて最適化されたコンバージョンも実現しました。

ストーリー

競争の激しいオンラインマーケットで注目を集める

ニベアはLazada(ラザダ:シンガポールに拠点を置く電子商取引企業)と提携し、ベトナムにおける流通チャネル拡大戦略の一環として、同国のオンラインストアを開設しました。しかしながら、Lazadaには3,000を超えるブランドがあることから、競争の激しい市場で注目を得るための激烈な競争に直面していることを認識しました。ニベアは、サイト訪問数を増やして評価と認知度を向上させるとともに、コンバージョン率も向上させるソリューションを必要としていました。

目標

質の高いリードの獲得

目標は、質の高いリードを獲得してサイトのトラフィックを増加させることでした。その実現のために、2つの戦略を立てました。1つ目は、AIを活用し、既存顧客と類似した、つまりマーケティングキャンペーンに好意的に反応する可能性が高い、質の高いオーディエンスを獲得することです。

2つ目は、AIを活用したユーザー重視のアプローチによって、複数のデバイスを使用しているユーザーを正確に特定し、訪問から購入までの時間短縮を図る、リマーケティングの採用です。

ソリューション

デバイスを使用しているユーザーへのリーチ

CrossXリマーケティングは、デバイス重視のアプローチを採用する従来のリマーケティングツールとは異なり、複数のデバイスを使用している同一ユーザーをターゲットとするために、AIテクノロジーを活用してあらゆるデバイスの顧客にリマーケティングを行います。

ニベアは、既存顧客に類似するユーザーを見つけることで、オーディエンスの規模も拡大できました。顧客や訪問者の既存情報はCrossX AIのデータベースに保存されているユーザープロファイルと比較され、オンライン上で同様の閲覧や行動をしているユーザーを探します。その結果、同社のキャンペーンに好意的に反応する可能性が高いオーディエンスを獲得できます。

主なポイント

ニベアはAppierのソリューションを導入することで、顧客インサイトを獲得できました。若者層と男性の顧客はCTRが最も高いことが分かりました。また、最もCTRが高いパブリッシャーのカテゴリーも明らかになり、この結果を活用して、今後のマーケティングキャンペーンでより良い成果を挙げることができます。

最後に、サイトのトラフィックは土曜日に最高となり、1日の中では夕方のラッシュアワー時に最大となることが分かりました。

フォレスター調査のダウンロード