アイム

ブランドストーリー

アイムが販売するBRIGHTAGEは、エイジングケアをベースにハリ・美白・高保湿を提供する日本のスキンケアブランドです。

課題

BRIGHTAGEのLPではトライアルキットとお試し定期便の2種類の購入方法がありました。

これまでお客様は定期という概念に抵抗があることからお試し定期便よりもトライアルキットでの購入を選択する傾向にありました。 アイムとしては商品をより長く使っていただくことでお客様に実感してもらいやすいと考え、お客様に対してお試し定期便での購入をお勧めしたいと考えていました。

ソリューション

2つのABテストを実施

テスト1:AiDeal(アイディール)により、迷い、離脱予測が検知されたインセンティブ付与対象ユーザーを50:50の比率にランダムに分割し、Aグループには、定期購入選択時のみ使える500円割引のクーポンを配信、Bグループにはクーポンを付与しませんでした。

2つのグループのコンバージョン率(CVR)に基づきパフォーマンスを測定しました。

テスト2:AiDeal(アイディール)により、AIにより迷い、離脱予測が検知されたインセンティブ付与対象ユーザーを50:50の比率に分割し、Aグループには300円割引のクーポンを配信、Bグループには500円割引のクーポンを配信しました。 2つのグループのコンバージョン率(CVR)に基づきパフォーマンスを測定しました。

結果

テスト1の結果、クーポンが配信されたグループは、クーポン付与のないグループよりも22%CVRが高い結果となりました。また、定期購入ユーザーの割合は当初の40%から最大70%に向上しました。

テスト2の結果、2つのグループのCVRに差異がなかったため、クーポンコストを加味すると300円割引が最も費用対効果が高く、最適なクーポンであることを特定することができました。

最新のホワイトペーパーをダウンロードして、AIおよびデータサイエンスが、金融サービスにおける顧客行動の予測にどのように役立つかご覧ください。