Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

cama café

ウェブサイトとアプリの購読率が
3倍増加

アプリ内プッシュ通知のCTRが
4.5倍向上

ctr

天気連動プッシュ通知でCTRが
2.2倍向上

cama caféはAppierのAIソリューションを導入して、オンラインとオフラインデータそれぞれを統合し、自動化されたマーケティング施策を展開することで、ユーザーエンゲージメントとブランドロイヤリティを強化しました。

ブランドストーリー

2006年に設立したcama caféは、コーヒー、紅茶、そして珈琲豆などを取り扱っている台湾の人気コーヒーチェーンです。2018年10月のcama caféアプリリリース以降、アプリ会員の売上は全体の約57%を占めています。さらに、最高のコーヒー体験を提供するために、デジタルテクノロジーを活用しながら、焙煎されたての新鮮な珈琲豆を毎月届けるサブスクリプションサービスも始めました。

目標

マーケティング目標に向けてcama caféは、ユーザージャーニーの設計および自動化されたパーソナライズドマーケティング施策を実行するために、オンラインとオフライン行動データを統合したユーザーの360°プロファイルを構築。また、cama caféは潜在的な顧客ニーズを発見するために、顧客インサイトを元に戦略を構築できるデータ分析環境を望んでいました。

– サブスクリプション会員とコンバージョンの向上

– 新しいビジネスチャンスの発見

課題

360°ユーザープロファイルの作成が難しい
ウェブサイトやアプリなどのオンライン行動データおよび店舗取引などのオフライン行動データを正しく統合、分析、運用してビジネスの武器に変換する知見を保有している人材が不足しているため、360°ユーザープロファイルの作成が困難でした。
チャネルを横断したユーザージャーニーの構築が難しい
最高の顧客体験を提供するためには、ユーザーごとに最適化されたコミュニケーションを行う必要があります。そのためには、ユーザーごとに最適なチャネルとコンテンツが選択され配信する必要がありますが、知見とツールの不足からそのようなマーケティング環境を構築することは困難でした。
360°ユーザープロファイルの作成が難しい
ウェブサイトやアプリなどのオンライン行動データおよび店舗取引などのオフライン行動データを正しく統合、分析、運用してビジネスの武器に変換する知見を保有している人材が不足しているため、360°ユーザープロファイルの作成が困難でした。
チャネルを横断したユーザージャーニーの構築が難しい
最高の顧客体験を提供するためには、ユーザーごとに最適化されたコミュニケーションを行う必要があります。そのためには、ユーザーごとに最適なチャネルとコンテンツが選択され配信する必要がありますが、知見とツールの不足からそのようなマーケティング環境を構築することは困難でした。

Appierソリューション

Appierソリューション

オンラインとオフラインデータを統合し、AIモデルを利用してユーザーの興味関心を分析する
cama caféは、Appierのソリューションを活用し、オフライン取引データやWebサイトやアプリのオンライン行動データを統合することで、CRMデータを強化し、360°ユーザープロファイルを生成しました。また、これらのデータは企業間のコラボレーション戦略にも活用されています。AIXONの「分析・セグメント化AIモデル」を利用して、提携先企業や競合企業に関連するキーワードと合致したユーザーの興味関心を分析することで、データドリブンなコラボレーション戦略を組み立てることができました。

例えば、アニメキャラクターとのコラボレーションを実施する際に、そのアニメキャラクターに関連するキーワードを作成。そのキャラクターに基づいたユーザーの興味関心を分析することで、ブランドイメージと最も相性が良いキャラクターを選定することができました。合わせて、提携小売店とのキーワードを作成することで、ユーザーが好む販売チャネルを分析。事前に計画した販売戦略との乖離を確認することで、計画の競争力を高めることができました。
シングルプラットフォームで複数チャネルを管理し、工数を抑えながら正確なマーケティングを実現する
AIQUAのマーケティングオートメーション機能からのトリガーでシームレスにアプリとウェブサイト内にプッシュ通知を配信したことで、エンゲージメントを高めることができました。また、最大のショッピングシーズンであるダブルイレブン(主に中華圏で11月11日に開催されている大型シーズンセール)期間内のコンバージョンとサブスクリプション加入率を高めるために、チャネルを跨いだ様々な施策で顧客ジャーニーを最適化しました。例えば、ウェブサイトにセール開始を告知するカウントダウンタイマーとプッシュ通知を組み合わせるなど、顧客の購買意欲を促進しました。

さらに、cama caféは、AIを利用してユーザーの現在地を正確に予測。その情報をもとに天気に合った飲み物をレコメンドする「天気連動プッシュ通知」を配信しました。Googleマップとリンクされたプッシュ通知は実店舗での購買を促進しました。
オンラインとオフラインデータを統合し、AIモデルを利用してユーザーの興味関心を分析する
cama caféは、Appierのソリューションを活用し、オフライン取引データやWebサイトやアプリのオンライン行動データを統合することで、CRMデータを強化し、360°ユーザープロファイルを生成しました。また、これらのデータは企業間のコラボレーション戦略にも活用されています。AIXONの「分析・セグメント化AIモデル」を利用して、提携先企業や競合企業に関連するキーワードと合致したユーザーの興味関心を分析することで、データドリブンなコラボレーション戦略を組み立てることができました。

例えば、アニメキャラクターとのコラボレーションを実施する際に、そのアニメキャラクターに関連するキーワードを作成。そのキャラクターに基づいたユーザーの興味関心を分析することで、ブランドイメージと最も相性が良いキャラクターを選定することができました。合わせて、提携小売店とのキーワードを作成することで、ユーザーが好む販売チャネルを分析。事前に計画した販売戦略との乖離を確認することで、計画の競争力を高めることができました。
シングルプラットフォームで複数チャネルを管理し、工数を抑えながら正確なマーケティングを実現する
AIQUAのマーケティングオートメーション機能からのトリガーでシームレスにアプリとウェブサイト内にプッシュ通知を配信したことで、エンゲージメントを高めることができました。また、最大のショッピングシーズンであるダブルイレブン(主に中華圏で11月11日に開催されている大型シーズンセール)期間内のコンバージョンとサブスクリプション加入率を高めるために、チャネルを跨いだ様々な施策で顧客ジャーニーを最適化しました。例えば、ウェブサイトにセール開始を告知するカウントダウンタイマーとプッシュ通知を組み合わせるなど、顧客の購買意欲を促進しました。

さらに、cama caféは、AIを利用してユーザーの現在地を正確に予測。その情報をもとに天気に合った飲み物をレコメンドする「天気連動プッシュ通知」を配信しました。Googleマップとリンクされたプッシュ通知は実店舗での購買を促進しました。

クライアントの声

「cama caféは、最高のコーヒー体験をお客様に提供できるように努力しています。焙煎前の珈琲豆から一杯のコーヒーに至るまで、cama caféはすべての生産過程を透明化し、世界品質のコーヒーを提供しています。Appierとの取り組みにより、cama caféはユーザーとより密なコミュニケーションを取ることができるようになりました。

カスタマーエンゲージメントプラットフォーム「AIQUA」は柔軟にユーザーをセグメントし、マーケティングキャンペーンを自動化したことで、チームの生産性を高めました。さらに、カスタマーデータサイエンティスプラットフォーム「AIXON」がオンラインデータとオフラインデータを統合したことで、マーケティングチームはユーザーを素早く理解し、ビジネス戦略を立て、行動に移すことができるようになりました。Appierはcama caféのデジタルトランスフォーメーションを加速させました。」
cama café マーケティングチーム
Testimonial

デモをリクエスト

ビジネスを変革し、マーケティングを効率化する
AppierのAI搭載ソリューションのデモをご覧ください。

あなたへのお勧め 

GMO

GMOメディアポイントタウンは、AIQUAを利用してカスタマージャーニー体験を効率化することに成功しました。ポイントタウンは、AIQUAジャーニーマップを採用し、様々な段階にわたり、効率的にユーザーとエンゲージし、キャンペーンオペレーションを自動化にしました。コンバージョンを高めるという最終ゴールを基に、ポイントタウンはAIQUA AIレコメンデーションを活用し、パーソナライズされた情報提供で、お客様の製品発見プロセスを短縮しました。

GMO

WineliveryはAppierソリューションを用いて、最も価値高いユーザーセグメントにパーソナライズされた商品レコメンドを構成しました。

台湾のコスメブランドNarukoは、AppierのCrossX リマーケティングとCrossX ルックアライクの導入で、サイト内のユーザーアクション数を増加させながら、CPAを9%低下させました。