Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

アウディ

34

クリック率を34%向上

48

コンバージョン率を最大48%向上

Audiは、新規顧客の開拓目的で、AppierのCrossXアドソリューションを導入しました。CrossX AIによって、クロススクリーンユーザーのコンバージョン率が、シングルスクリーンユーザーよりも高いことが解明しました。また多くのユーザーが、アウディのウェブサイトをスマートフォンから閲覧し、連絡先情報はPC経由で残していたこともわかりました。

ブランドストーリー

創業100年を超えるドイツの高級車メーカーであるアウディは、自動車の製造、エンジンの製造、自動車レースなどの分野で貢献しています。

目標

アウディのマーケティングチームは、アウディA4サステインに興味がある高所得層にリーチして、試乗に誘導したいという課題を抱えていました。さらに、デバイスを横断したアプローチでコストパーリード(CPL)を最適化しながら、できるだけ多くの見込み客リストを獲得することを目標としていました。

Appierソリューション

Appierソリューション

価値の高いユーザーを特定
アウディは、Appierの配信強化機能を実装し、効果の高いユーザーグループへのリーチを広げる施策を採用しました。AIが選んだ、30歳を超えるユーザー、アウディ、BMW、メルセデスベンツ、 レクサスに関する情報を閲覧したユーザーに対する広告量を増やしました。
クロスデバイスターゲティング
アウディはCrossX AIの導入によって、同じユーザーが所有するすべてのデバイスを識別しました。AppierのCrossX フリークエンシーキャップを実装し、ユーザーが試乗を申し込む際に、最も使用される可能性が高いデバイスへの広告を増やしました。
価値の高いユーザーを特定
アウディは、Appierの配信強化機能を実装し、効果の高いユーザーグループへのリーチを広げる施策を採用しました。AIが選んだ、30歳を超えるユーザー、アウディ、BMW、メルセデスベンツ、 レクサスに関する情報を閲覧したユーザーに対する広告量を増やしました。
クロスデバイスターゲティング
アウディはCrossX AIの導入によって、同じユーザーが所有するすべてのデバイスを識別しました。AppierのCrossX フリークエンシーキャップを実装し、ユーザーが試乗を申し込む際に、最も使用される可能性が高いデバイスへの広告を増やしました。

デモをリクエスト

ビジネスを変革し、マーケティングを効率化する
AppierのAI搭載ソリューションのデモをご覧ください。

あなたへのお勧め 

ミニッツメイドは複数のデバイスを横断して消費者にアプローチをすることで、リードの獲得と購入を促進しました。クロススデバイスのコンバージョン率はシングルデバイスよりも57%高くなりました。

台湾のコスメブランドNarukoは、AppierのCrossX リマーケティングとCrossX ルックアライクの導入で、サイト内のユーザーアクション数を増加させながら、CPAを9%低下させました。

カルフールは、Appierのリターゲティング広告戦略とAiDealの購入を躊躇している顧客向けソリューションを活用して、オンラインショッピングプラットフォームのCVRを20%高めることに成功しました。