AIは私たちの仕事をどう変えるか

私たちは、過去の3つの産業革命を通して歴史が繰り返されることを知っています。蒸気機関、電力、そして情報技術という、過去の産業革命をもたらした技術は、それぞれの時代に社会を一変させました。そしてその度に人々は、生活の質を向上させていき、まったく新しいライフスタイルに順応してきたのです。

AIやロボット工学というデジタル技術に支えられた第4次産業革命を迎えるにあたり、私たちは劇的な変化に対応するための準備をすべきではないでしょうか?AIは、「スーパーヒューマン」と呼べるような高い能力を持ち、24時間365日稼働し、人間よりも一貫性のある行動を取ることができます。すでに、大量の複雑なデータを素早く処理し、新しいインサイトを得るに十分な演算能力を含め、多様なAI技法が開発されています。現在、AIによって自動運転車やバーチャルアシスタントを制御できるようになっています。最新のスマートフォンには、瞬時に画像を認識し、テキストを翻訳するAI技術が搭載されています。

ビジネスに利用されるAIの一例として、Appier独自の「Aixon(アイソン)」プラットフォームにより、マーケターは、顧客関係管理(CRM)、ウェブサイト、モバイルアプリなどのデータを活用し、ビジネスの成長、顧客エンゲージメントの拡大、新しい収益源の獲得が可能になりました。

Appierは、すでにAIが十分な進化を遂げ、私たちの暮らしを便利にするための多様なタスクにAIが適応できる段階になっていると考えています。近い将来、私たちは、働きたいときだけ働けば良くなるかもしれません。私たちの働き方の変化について3つの側面からその可能性を考えました。

1. 働き方の進化

それぞれの産業革命が人々の生活に激変をもたらした一方、世界の所得水準と生活の質が全体的に向上したことも事実です。モバイル機器が私たちの働き方を変えたように、AIも従来の仕事に変革をもたらします。Appierは、AIによって人々の仕事の質や領域を高めるであろうと予想しています。たとえば、AIを活用すれば企業は顧客が本当に望んでいるものベストなタイミングで提供することにより、顧客体験の向上につながります。

AIは、私たちに代わって経理業務や保険契約書の処理など、反復的で時間の掛かる業務をこなしてくれるようになります。一方で、このような業務を担当してきた人々は、AIにはできない創造力を発揮できる仕事に従事できます。また、すべての人々にとって、仕事の量が大幅に減る一方で一人ひとりの生産性や仕事の質を高く評価される機会が増え、より多くの給料を得ることが可能になるかもしれません。

2. 多くの新しい雇用機会

これまでの産業革命の経験則に従うなら、人間は、AIのような、人間の作業を補完するような技術を活用して、新しい経済的な機会を作り出す事ができるでしょう。コンサルティング会社のCapgeminiの調査によると、AIは企業のイノベーションを刺激し、顧客関係を向上させるだけでなく、新しい雇用を生み出すと調査対象の80%が回答しています。現在、すでにAIシステムやデータサイエンスの経験者の需要が高まっています。こうした分野では、市場が成熟するにつれて細分化が進み、企業が求める能力も多様化してきます。将来的には、多くのAIプロフェッショナルが、自分はAIに関連したハードウェアの開発を専門にするのか、AIシステムのトレーニングを専門にするのか、キャプチャや分析が必要なデータの特定を専門にするのかなど、決断をすることになるでしょう。

3. AIエコシステムにおける人間の役割

AIと共存することが当たり前の社会では、人間の役割が今以上に高まることになるでしょう。AIの能力が最も発揮される機会を特定し、AIによるアクションやインサイトの有効性を見極め、その使い方を決断する人材が必要になるからです。今後は、企業のAI時代への変革やAI活用・管理のための戦略を策定し、牽引できる人材が求められるようになるでしょう。

今後の展望は?

今後、私たちの生活にとってAIが不可欠なものになるなら、AIと共存するための経済が生まれることは当然の流れです。企業は顧客に利益をもたらす新たな方法を、個人は次の産業革命において求められる新しいスキルを習得する方法を探す必要があるでしょう。また、AIが当たり前の時代における倫理、信頼、責任など、企業を取り巻く新たな問題に対応するため、企業統治や法的な枠組みを変えていくことを考えなければなりません。

長期的には、自己学習型チップや囲碁の世界チャンピオンを打ち負かした先代システムに、さらに勝利したAlphaGo ZeroといったAI研究における画期的な進展は、AIが今まで以上に万能になる可能性を示しています。同様に「Aixon」のようなAIプラットフォームに使用されている技術を他の多くの分野に転用することも可能です。Appierでは、今後訪れるであろう変化において、AIが人間に指針を与える存在になりえるだけではなくパートナーやガイドとして一緒に歩んでいく存在になるであろうと考えています。

編集部より:ニュースセンター内の情報を転載もしくはソーシャルメディアに掲載などされる場合には、[email protected]までご連絡ください。

2017年11月22日